gv-logo

NBP ONLINESHOP

日立、多治見麻子氏が新監督に就任

  • V1
  • 2019.07.17

 日立リヴァーレが、 7月1日付での多治見麻子氏の監督就任を発表。また、新主将には芳賀舞波、副主将には、佐藤美弥と小野寺友香が就任した。なお、多治見新監督のコメントは下記に掲載。詳細はチーム公式ホームページにてご確認を。
   

写真は2018-19シーズン、前所属チームでのもの

【多治見麻子監督・本人コメント】

このたび、日立リヴァーレの監督に就任する事になりました。 現役最後のシーズンを送った日立リヴァーレで、またバレーボールができる事を大変 嬉しく思っております。
 それと同時に、監督として身の引き締まる思いであります。 リヴァーレに関わってきた全ての皆さまの想いを力に、選手、スタッフ一丸となり、 愛されるチームを作っていきたいと思います。
 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。」

■多治見麻子(たじみ・あさこ)

1972年6月26日生まれ/東京都三鷹市出身/※主な経歴:八王子実践高→早稲田大大学院→トヨタ車体クインシーズ監督

 


  • 東海大札幌高
  • インターハイ2019
  • 全国専門学校選手権2019
  • 日本航空高
  • ミズノWAVE LIGHTNING-Z5
  • 関東高等学校バレーボール選手権2019

pagetopbtn