gv-logo

NBP ONLINESHOP

男子U23アジア選手権/サウジアラビアに初戦勝利

  • アンダーカテゴリー
  • 2019.08.04

 日(土)~11日(日)までネーピードー(ミャンマー)で開催される『第回アジアU23男子選手権大会』。その初戦、日本はサウジアラビアと対戦し、セットカウント3-0で勝利。白星発進を飾り勢いづいた。

 

男子U23代表

 

 日本のスターティングメンバーは、牧山祐介、大塚達宣、佐藤駿一郎、宮浦健人、新井雄大、村山豪、リベロは堀江友裕。

 

 第1セット、宮浦のライト攻撃、村山のサービスエースや大塚のブロックで6-5。新井のパイプ攻撃が決まると、日本がテクニカルタイムアウトを先取した。その後も、ラリーの応酬から新井が得点を決め12-10。日本は徐々に流れに乗った。宮浦のサーブが冴え、村山、新井の攻撃で16-10。終盤も安定した戦いを見せた日本は、宮浦のレフト攻撃でセットポイントを奪うと最後も宮浦が得点をあげ25-18でセットを先取した。

 

 第2セット、第1セットと同じメンバーでスタート。序盤は、新井のパイプ攻撃、佐藤のサービスエースで5-2。宮浦のスパイクも決まり日本がリードを保った。そこから佐藤のクイック、新井のパイプ攻撃、大阪のサービスエースで流れをつかむと、牧山のトスワークも冴えリズムを作った日本。終盤、佐藤に替わり起用されたムードメーカー梅本鈴太郎のサービスエースも決まると、最後は村山のブロックが炸裂。日本がセットを連取した。

 

 第3セット、第1、第2セットとメンバーは変わらず。序盤から、セッター牧山が攻撃陣を多彩に操り6-3。その後も、大塚がレフトからスパイクを決めると、相手のミスや新井のパイプ、牧山のサーブで13-7と大きくリードを奪った。中盤も、佐藤のブロックや宮浦のスパイクで16-11と点を重ねた日本。ここで金子聖輝、小澤宙輝を2枚替えで起用すると、20-13で終盤へ。そこから日本にミスが出て連続失点したものの、梅本のクイックを多用して悪い流れを断ち切ると、最後は富田将馬がネット際のボールを押し込み、25-18で日本が勝利を飾った。

 

 なお、日本の次戦は現地時間の8月4日(日)、18:30~カザフスタンと戦う。(日程の詳細はこちら

【写真:AVC】

 

<試合結果>

日本 3(25-18,25-10,25-18)0 サウジアラビア

高さとパワーあふれる攻撃で躍動した村山(中央)
初戦を白星発進
セッター牧山も健闘
経験を重ねる選手たち
アジアの頂点を目指す


  • 東海大札幌高
  • インターハイ2019
  • 全国専門学校選手権2019
  • 日本航空高
  • ミズノWAVE LIGHTNING-Z5
  • 関東高等学校バレーボール選手権2019

pagetopbtn