gv-logo

定期購読

混戦の度合い深まるV1男子 今週末は東京で1カードを実施【V1男子・今週の見どころ】

  • V1
  • 2023.02.09

 

 2022-23 V.LEAGUE DIVISION1 MEN(V1男子)は、V・レギュラーラウンドの約3分の2を終えたが、上位チーム陣の差は広がるどころか縮まり、ますます混戦となっている。前週末の2月4日(土)と5日(日)に行われた愛知ダービーではジェイテクトSTINGS(6位・14勝10敗)が1位のウルフドッグス名古屋(18勝6敗)に、3-0で2連勝して一気に差を詰めた。また7位のJTサンダーズ広島(13勝11敗)もVC長野トライデンツ(10位・1勝23敗)に2連勝したため、1位から7位までの勝ち数の差が5に縮まり、わずか4枠しかないV・ファイナルステージ進出争いは激しさを増している。

 今週末、11日(土)と12日(日)には、前半戦に行われていなかった1カードのみが予定されている。東京グレートベアーズ(8位・4勝18敗)のホームゲーム、有明コロシアム(東京都江東区)で開催される東京GB対大分三好ヴァイセアドラー(9位・3勝19敗)戦だ。両者の対戦は今シーズン初めてとなる。現在この2チームは1勝差。V1男子の下位2チームと、V2男子の上位2チームが対戦することになるV・チャレンジマッチ(入替戦)出場を回避するためにも負けられない戦いだ。大分三好のケニア出身のオポジット、イノック・モゲニは高さとパワーあふれるサーブやスパイクで、ときに上位チームをも脅かす爆発力を発揮する。経験豊富なリベロ古賀太一郎を核とする、組織的なブロックディフェンスが武器の東京GBがどのように対応していくのか注目だ。

 

 また、現在VリーグではSNS企画「Valentineリーグ」を開催中。各チームから推薦された選手1名ずつが選出されており、東京GBからは、チームの得点源としてレギュラーに定着して活躍中の戸嵜嵩大、大分三好からは、身長175cmとスパイカーとしては小柄ながら、驚異的なジャンプ力を武器に得点を奪う山田滉太がエントリー。この他、各チーム選りすぐりのモテ男たちがエントリーされているので、ぜひご参加を。

 

 

V1男子試合結果一覧(2/5終了時点)

 

【次ページ】V1男子順位表・順位推移表

  • DESCENTE-2in1
  • ZAMST-ZK
  • 熱血指導柳田将洋×岐阜成徳学園高
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn