gv-logo

日本代表応援サイト
春高2024SPORTSBULL
GALLERY2
WAVE_LIGHTNING_Z8

「どちらかが死ぬまで」コンビ継続⁉︎ 細田学園高のベテランタッグが描く指導者としての姿 【伊藤潔美監督×小川良樹エグゼクティブアドバイザー対談③】

  • 2024.01.03

力強くなったスパイクで得点を重ねた

 

——小川エグゼクティブアドバイザーは、昨年度の春高都代表決定戦で敗れ、本戦には届かず勇退。コーチとして2年ぶりの春高に帰ってきます

 

小川 「もう卒業です。長い間ありがとうございました」とごあいさつまでしたのに、次の年にはいるので「かっこ悪いな」と思って(笑) 埼玉県予選も、どんな顔をしたらいいんだろうと思って、すごく恥ずかしかったですよ。

 

伊藤 今まで一緒にやっていた先生と、今回一緒に春高に行けることは、私も選手たちもすごくうれしいですよ。選手たちも言っています。「小川先生と一緒に春高に行きたいんだ」と。

 

小川 ありがたいことですね。1、2年生と3年生にとっては、少し大会への臨み方が違うと思います。3年生はインターハイ予選で負けて、自分たちの代で19年連続出場を切ってしまった。私が成徳にいたときもそうでしたが、連続記録を切ってしまった代は後ろめたさがすごくあります。なので、3年生には思いきって自分の力を出してくれればいいなと思います。

 

 1、2年生は大会中に何かを身につけてほしい。大会で強くなる選手もいれば、押しつぶされる選手もいます。どちらになるかは、ビビって会場で下を向いているのか、それとも胸を張って歩いているのかで、だいぶ違うと思います。1、2年生、そして応援に来るであろう、来年入学予定の中学3年生は、「私たちは来年、必ずセンターコート立つためにここに来ているんだ」「この大会は私たちのためにあるんだ」というぐらいの気持ちで会場に入ってほしい。

 

 それは私たちの選手たちに対するアプローチで、いかようにもなると思うので。うまく落とし込んでいければと思います。

 

伊藤 今までうちでやってきたことに小川先生の要素がプラスされるので。結果がどう変わるかな、とほんとうにワクワクしています。力を発揮して、習ったことを少しでも見せられるように頑張ってほしい。今までの細田とはちょっと変わってきたな、という部分が出てほしいです。

 

このコンビはこれから何年続く予定?

CONTENTS

  • 男子日本代表応援サイト2024
  • 女子日本代表応援サイト2024
  • 北海道インターハイ2023
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn