gv-logo

NBP ONLINESHOP

VNL2019女子/アメリカが劇的勝利で2連覇

  • 海外ニュース
  • 2019.07.10

 『FIVBネーションズリーグ2019女子』は7月3日〜7日にかけて南京(中国)にてファイナルラウンドが行われた。開催地枠の中国(予選ラウンド1位通過)のほか、予選ラウンド2位のアメリカ、同3位のブラジル、4位のイタリア、5位のトルコ、6位のポーランドが争い、決勝はアメリカとブラジルのカードに。アメリカが2セットダウンから逆転勝利を収め、見事、大会2連覇を果たした。

■ドリーズが33得点! アメリカが逆転勝利で2連覇

アメリカ 〇3(20-25, 22-25, 25-15, 25-21, 15-13)2● ブラジル

 大会連覇を目指したアメリカは、決勝でブラジルと対戦。第1セット、第2セットとブラジルのブロックの前に攻めあぐね、2セットを奪われる。あとがなくなった第3セット、アメリカはミシェル・バーチ-ハックリーに代えてキャプテンのジョーダン・ラーソンを、ミドルブロッカーのチアカ・オグボグに代えてテトリ・ディクソンを先発から投入。この策がはまり、勢いを取り戻す中、一気にギアをあげたのがオポジットのアンドレア・ドリーズ。両チーム通じて最多33得点を挙げる活躍に導かれ、チームもここから3セットを連取。逆転勝利で見事、初代女王に輝いた2018年大会に続く連覇を達成した。

頂点に導いたドリーズ(写真奥/身長191センチ/最高到達点316センチ/オポジット)

 優勝トロフィーを手に、ラーソンは「素晴らしい結末を迎えることができました。長く、けっして簡単ではないトーナメントで、相手はすべてにおいて尊敬するべきブラジル。2セットを奪われましたが、懸命に戦い抜きました」と喜んだ。

 大会MVPは、ドリーズが文句なしの受賞。「このチームの、そしてこの大会の“一部になれた”(be part of the game=大会のスローガン)ことに感激しています。これからもチームにもっともっと貢献できるようになりたいです」と語った。

 なお、ブラジルはガブリエラ・ギマラエス、ロレンネ・テイシェイラがともに20得点をマークするも、あと一歩が届かなかった。

<ネーションズリーグ2019 ファイナルラウンド最終結果>

優 勝:アメリカ

準優勝:ブラジル

3 位:中国

4 位:トルコ

5 位:ポーランド

6 位:イタリア

<ネーションズリーグ2019 ドリームチーム>

MVP:アンドレア・ドリーズ(アメリカ)

ベストアウトサイドヒッター:劉妟含(リュウ,アンカン/中国)、ガブリエラ・ギマラエス(ブラジル)

ベストミドルブロッカー:アナ・コレーア(ブラジル)、ヘイリー・ワシントン(アメリカ)

ベストオポジット:エブラル・クラクルト(トルコ)

ベストセッター:マクリス・カルネイロ(ブラジル)

リベロ:メーガン・コートニー(アメリカ)


  • ミズノREDFORJAPAN
  • ミズノママさん限定プレゼントキャンペーン
  • 東海大札幌高
  • インターハイ2019
  • 全国専門学校選手権2019
  • 日本航空高
  • ミズノWAVE LIGHTNING-Z5
  • 関東高等学校バレーボール選手権2019

pagetopbtn