gv-logo

NBP ONLINESHOP

ながみんのバリカタ排球道/爆笑の‟バナナ事件”@黒鷲旗

  • コラム
  • 2019.05.15

■それは、手に持っていたバナナが引き起こした大爆笑の事件…

 黒鷲旗4日目、東レアローズとの準々決勝戦を終えた早稲田大・中村駿介選手に取材をしていた時のこと。試合直後ということもあり、選手はストレッチをしたり、栄養補給をする中での取材だった。

 

 その中で中村選手は、バナナを食べながらの取材。律儀な中村選手は、バナナを食べる手を止めて、きちんと取材の対応をしてくれていた。そして、今回の黒鷲旗で、早稲田大は次々とV.LEAGUE所属チームから白星をあげる活躍を見せたので、私は、そのことについて質問を投げかけた…。

 

 そう、その瞬間に、令和初の大爆笑‟バナナ事件”は発生したのだ。それでは、以下の会話にて、そのバナナ事件の全貌をご覧いただこう。

 

ながみん:早稲田大の活躍は、ほんとうにすごかったですね。

中村:ありがとうございます(バナナを手に持って)

ながみん:グループ戦から、V.LEAGUEのチームを次々に食べて食べて食べて…!

中村:あっ、はい! すみません、食べます!(バナナを見ながら)

ながみん:ん? え? ん? あっ。バナナじゃなくて…(爆笑)

中村:あ! すみません!(笑) 「食べて」っていうから(笑) アハハハハ(笑)

二人:(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)

 

*******

 

みなさん、どうでしょう。このおもしろさ、うまく伝わっていますでしょうか(笑)

 編集部の仲間には、「その面白さを文で伝えるのは難しいからやめておけ」と忠告されたのですが、取材の裏側ではこんなことも起きているんだよ、ということを読者の皆さまにも伝えたくて、強行突破を図った次第でございます。

 

 私はただ、「次々とV.LEAGUEのチームを食いつくして(勝って…)」という意味で「食べて」という言葉をつかったのですが、言葉のチョイスが悪かったのか、それとも中村選手が天然なのか…(笑) その真相は謎に包まれたままです。

 

 同級生の宮浦健人選手いわく、中村選手は「おバカでお調子者」とのこと。うん、このバナナ事件の犯人はきっと、‟中村選手の天然さ”なのではないかと思っております(笑) 

 以上、現場からお伝えしました。

コート上ではたくましい姿を見せる‟バナナ事件”の真犯人・中村(写真中央)

  • ミズノREDFORJAPAN
  • ミズノママさん限定プレゼントキャンペーン
  • 東海大札幌高
  • インターハイ2019
  • 全国専門学校選手権2019
  • 日本航空高
  • ミズノWAVE LIGHTNING-Z5
  • 関東高等学校バレーボール選手権2019

pagetopbtn