gv-logo

アシックスV-Swift

モントルー/日本はポーランドに敗れ銀メダル

  • 女子日本代表
  • 2019.05.19
日本は惜しくも銀メダルで大会を終えた

 

 モントルー(スイス)で開催されている『モントルーバレーマスターズ2019』がいよいよ最終日を迎えた。日本は、5月19日(現地時間)に開催された決勝戦で、予選リーグ戦で敗れた因縁の相手ポーランドと激突。何としてでも優勝を手にしたい日本は、鍋谷友理枝と長内美和子が合わせて30得点と奮闘。ミドルブロッカーの芥川愛加も9得点をあげ要所で健闘を見せた。

 しかし、ポーランドの高いブロックが冴えると、相手はブロックで18得点。日本は、後がない状況で迎えた第4セットも最後まで粘りを見せたが、決勝戦でもポーランドの高い壁を打破することはできなかった。銀メダルで今大会を終えた日本。この悔しさを糧に、次は、5月21日(火)から開幕する『FIVBバレーボールネーションズリーグ2019』に挑む。
  

(写真:2017 Montreux Volley Masters)

 

【試合結果】

ポーランド 3(25-15,22-25,25-17,26-24)1 日本

 

【最終順位】

1位:ポーランド

2位:日本

3位:イタリア

4位:タイ

5位:トルコ

6位:中国

7位:ドイツ

8位:スイス

 

 

チーム力を高め、次は『FIVBバレーボールネーションズリーグ2019』を戦う

 

第2セットからコートに立つと15得点をあげ貢献した長内

pagetopbtn