gv-logo

石井/村上ペアが世界上位15ヵ国にランクイン

  • ビーチバレー
  • 2019.07.19

 7月17日(水)、国際バレーボール連盟が「オリンピック・クオリフィケーショントーナメント」の出場チームを発表した。世界ランキング上位15ヵ国(各国1チーム+開催国)による男女16チームが出場するこの大会。日本代表からは、女子の石井美樹(湘南ベルマーレ/荒井商事)/村上めぐみ(オーイング)組の出場が確定した。

 この「オリンピック・クオリフィケーショントーナメント」は、2020年東京オリンピックから導入された新しい方式。オリンピック出場権獲得レースとしては、ドイツ・ハンブルグで行われた「世界選手権」に続き2戦目となる。なお、大会概要は下記に掲載。詳細はJVABeachVolleyball公式サイトにてご確認を。

 

数々の国際大会で躍進を見せる石井美樹/村上めぐみペア(photo:FIVB)

 

「オリンピック・クオリフィケーショントーナメント」

■日時

2019年9月18日(水)~22日(日)

■場所

Haiyang(海陽市/中国)

■参加国数

男女各16ヵ国(1ヵ国1チーム。出場権を獲得した各NFが出場チームを決定。ホスト1ヵ国、ワールドランキングより15ヵ国)

■大会フォーマット

・第1フェーズ

4チームx4プールによる総当たり戦
各プール上位3チーム(計12チーム)が第2フェーズへ

・第2フェーズ

3チームx4プールによる総当たり戦
各プール上位2チーム(計8チーム)が第3フェーズへ

・第3フェーズ

4チームx2プールによる総当たり戦
各プール上位2チーム(計4チーム)が最終フェーズへ

・最終フェーズ

第3フェーズプール1位vsプール2位の勝者2ヵ国がオリンピック枠獲得

 

  • インターハイ2021

pagetopbtn