gv-logo

NBP ONLINESHOP

WC2019男子/第5日目 結果

  • 全日本男子
  • 2019.10.07

 ワールドカップバレー2019男子大会、10月6日(日)の試合結果。ブラジルが全勝で首位を独走し、2位のアメリカと3位のポーランドが4勝1敗と、徐々に上位が固まり始めた状況。しかし、中間順位のチームもまだまだメダル獲得へ可能性を残しており、9日からの後半戦での戦いぶりに注目だ。(写真:FIVB)

【Aサイト】ポーランド 〇3(25-18,25-18,25-22) イタリア

 ポーランドは、アレクサンデル・シリフカやウィルフレド・レオンら若手の両アウトサイドヒッターが存在感を発揮。主力選手を欠くイタリアに快勝し3位で前半戦を終えた。

【Aサイト】アメリカ 〇3(25-10,25-18,25-17)● チュニジア

 第1セットを10点という点数でチュニジアを抑えると、続く第2、第3セットも安定した戦いを見せたアメリカがストレートで快勝。ミドルブロッカーのミッチェル・スタールがチーム最多得点をマークする活躍を見せた。

【Aサイト】日本 〇3(25-19,25-20,26-28,25-22)1● アルゼンチン

 石川祐希が23得点、西田有志が16得点、小野寺太志も12得点と躍動し日本が勝利。セッター関田誠大の巧みなトスワークも随所で見られ、今大会勢いを見せるアルゼンチンを制し4位に浮上した。

【Bサイト】ロシア 〇3(25-19,21-25,25-19,25-21)1● エジプト

 ヤロスラフ・ポドレスニフを軸に力強い攻撃で得点を重ねたロシア。ミドルブロッカー陣も得点に絡みながら多彩なバレーを展開し3勝目をあげた。対して、エジプトはロシアに敗れ2勝止まりとなった。

チーム最多得点(17得点)をあげたロシアの#1ヤロスラフ・ポドレスニフ

【Bサイト】ブラジル 〇3(25-27,25-21,27-25,25-22)● イラン

 20歳のオポジット、ポリア・ヤリの活躍も光るとジュースの末イランがセットを先取。第2セット以降も接戦となったが、イオアンディ・レアルとアラン・ソウザの両エースが16得点、ミドルブロッカーのルーカス・サートカンプが14得点と多彩な攻撃を見せたブラジルが勝利した。ベテランセッター、ブルーノ・レゼンデのゲームメイクも強みに、ブラジルは全勝で首位を独走中。

経験豊富なセッター#1ブルーノ・レゼンデがチームをけん引

【Bサイト】カナダ 〇3(18-25,28-26,25-20,25-22)1● オーストラリア

 身長201センチのアウトサイドヒッター、スティーブン・マーが24得点と奮起したカナダ。オーストラリアは、スパイクでの得点ではカナダを上回ったものの、サーブとブロックの得点ではそれぞれ大きく点差が開いた。その結果、カナダが接戦を制し2勝目を手にした。

ブロックに跳ぶ3選手の右端が#7スティーブン・マー

***第3日目終了時点順位表***

1位:ブラジル 5勝0敗(勝ち点15)

2位:アメリカ 4勝1敗(勝ち点13)

3位:ポーランド 4勝1敗(勝ち点12)

位:日本 3勝2敗(勝ち点9)

5位:ロシア 3勝2敗(勝ち点9)

6位:エジプト 2勝3敗(勝ち点7)

7位:アルゼンチン 2勝3敗(勝ち点6)

8位:イラン 勝3敗(勝ち点6)

9位:カナダ 2勝3敗(勝ち点6)

10位:イタリア 2勝3敗(勝ち点5)

11位:オーストラリア 1勝4敗(勝ち点2)

12位:チュニジア 0勝5敗(勝ち点0)

 

熱戦が繰り広げられているワールドカップバレー2019。世界に挑む日本代表を応援する一冊『スペシャルサポーターズブック RED RISE』好評発売中!!

お求めはコチラ


  • ミズノREDFORJAPAN
  • ミズノママさん限定プレゼントキャンペーン
  • 東海大札幌高
  • インターハイ2019
  • 全国専門学校選手権2019
  • 日本航空高
  • ミズノWAVE LIGHTNING-Z5
  • 関東高等学校バレーボール選手権2019

pagetopbtn