gv-logo

NBP ONLINESHOP

春高/大会2日目はシード校が登場。優勝候補が勝利

  • 高校生
  • 2019.01.06

 1月6日(日)、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京)にて『第71回全日本バレーボール高等学校選手権大会』の大会2日目が行われ、シード校が登場した。インターハイや国体で上位の成績をあげた男子の市立尼崎高(兵庫)、洛南高(京都)、女子の下北沢成徳高(東京)、金蘭会高(大阪)など大会初戦をクリアし、頂点獲得への第一歩を踏み出した。

 

市立尼崎高(コート奥)

下北沢成徳高

洛南高

金蘭会

 

▼3回戦、準々決勝が行われる1月7日(月)の組み合わせ、コート割はコチラ▼

 

試合のライブ速報や最新情報は

『月バレ.com 春高バレー特設サイト』または

月バレ春高専用ツイッター【@getsu_vb】をチェック!!


pagetopbtn