gv-logo

NBP ONLINESHOP

春高/準決勝進出チーム紹介①

  • 高校生
  • 2019.01.08

 1月5日(土)に武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京)で開幕した『第71回全日本バレーボール高等学校選手権大会』は7日(月)に3回戦と準々決勝が行われ、男女ともに上位4強の顔ぶれが決まった。

 1月12日(土)に行われる準決勝。そのセンターコートに立つチームを対戦カードごとに、今日から4日間にわけて紹介していく。

 

>>>準決勝進出チーム紹介part1<<<

女子準決勝第1試合は “高さとパワー”vs.“スピードと精巧性”

下北沢成徳高(東京)

vs.

東九州龍谷高(大分)

 

下北沢成徳高

 今シーズン、インターハイ、国体と高校二冠を達成している下北沢成徳高。今大会最注目のヒロイン石川真佑(3年)を擁し、最後のタイトル獲得を目指す。仁井田桃子や大﨑琴未らも3年生も、攻守で存在感を放つ。身長の高さを生かしたオープン攻撃と、日ごろのトレーニングから生み出されるパワフルなアタックが武器だ。

<これまでの戦跡>

2回戦 2(25-13,25-12)0 郡山女大附高(福島)

3回戦 2(25-14,25-17)0 佐賀清和高(佐賀)

準々決勝 2(25-10,25-14)0 鎮西高(熊本)

 

東九州龍谷高

 昨夏のインターハイでは準決勝で下北沢成徳高に破れ、リベンジマッチとなる。代名詞である高速コンビバレーは今大会でも健在。平山詩嫣(3年)がリーダーシップを発揮し、アジアジュニア選手権(U-19)ベストセッターの園田風音(3年)が、大型選手の荒木彩花(2年)、ハイジャンパー室岡莉乃(1年)ら攻撃陣を操る。

<これまでの戦跡>

2回戦 2(25-18,25-17)0 青森西高(青森)

3回戦 2(25-15,25-18)0 金沢商高(石川)

準々決勝 2(25-15,25-21)0 京都橘高(京都)

 

 女子準決勝第1試合は10:00開始予定。熱いバトルを見逃すな!!

 

◆試合のライブ速報や最新情報は

『月バレ.com 春高バレー特設サイト』または

月バレ春高専用ツイッター【@getsu_vb】をチェック!!

『月刊バレーボール1月号』春高出場選手名鑑つき!!

(お求めはコチラ

◆春高大会レポート掲載!! 『月刊バレーボール2月号』1月15日発売予定★


pagetopbtn