gv-logo

NBP ONLINESHOP

【セリエA】[決勝]ルーベ完勝。決着は第5戦に

  • 海外ニュース
  • 2019.05.14

ボンジョールノ! 世界最高峰リーグの模様をゲームラウンドごとにお届けする『WEEKLY SERIE A』。スクデットに王手をかけたペルージャに対し、窮地に追い込まれたルーベはホームで…!! 注目の第4戦!!(Photo:Legavolley.it)

[MATCH OF THE FINAL]

■ ペルージャvs.ルーベ/ルーベがストレート勝ちで、ペルージャの優勝を阻止

第4戦:ペルージャ 0(20-25,21-25,19-25)3 ルーベ

レアル(左端)、レゼンデ(右から2番目)らはミッション達成なるか

 連覇に王手をかけたペルージャと、もうあとがないルーベのファイナル第4戦。“ドリームチーム”がホームで意地の勝利をあげた。この日、ルーベはミドルブロッカーに今季から加入したロベルランディ・シモン(キューバ)をスタメンで起用、エンリコ・チェステル(イタリア)と対角を組む。そのシモンが3本のブロックポイント、高さを生かしたサーブで最多4本のサービスエースを決めるなど、攻守で奮闘。アタッカー陣ではツベタン・ソコロフ(ブルガリア)が最多14得点、シモンが11得点、ホアンドリ・レアル(ブラジル)が10得点と続いた。

 

 スクデット獲得を至上命題にルーベは今季、シモンやレアルをブラジル・スーパーリーガの強豪サダ・クルゼイロから、セッターのブルーノ・レゼンデ(ブラジル)をモデナから加えた。超積極的補強のピースである彼らは、自身に課せられた最大の、シーズン最後のミッションを果たすために最終第5戦、敵地に乗り込む。

ユアントレーナ(手前)とアタナシエビッチ(奥)のネット側の攻防

 ホームでは高い勝率を誇るペルージャだが、アウェーでは勝ちきれない。そんなファンが望んでいないであろう“法則”が第4戦で発動した。この日はウィルフレド・レオン(ポーランド)が12得点、アレクサンダル・アタナシエビッチ(セルビア)が11得点をあげたが、今シーズンの武器であるサーブポイントが合計2得点(ルーベは8得点)とあっては、逆境を跳ね返すことはできなかった。

 

 ペルージャは連覇に赤信号!? いやいや、最終戦の舞台はホーム。ファンの声援が、背中を押すことだろう。

ルーベのシモン(コート奥右)が強烈なクイックを打ち込む

【2018-19 プレーオフ ファイナル】

ペルージャ(2勝2敗)vs.vs.ルーベ(2勝2敗)


  • ミズノWAVE LIGHTNING-Z5
  • 関東高等学校バレーボール選手権2019

pagetopbtn