gv-logo

2019Vリーグジュニア選手権/史上最多22チームが出場

  • V1
  • 2019.08.25
TwitterFacebookLine

 8月24日(土)から2日間にかけて岐阜メモリアルセンター(で愛ドーム,ふれ愛ドーム/岐阜)で実施されている『2019Vリーグジュニア選手権大会』。V.LEAGUE所属チームのジュニアチーム(中学生世代)が一堂に集まるこの大会は、今年で5回目の開催となり、地元・岐阜のチームを含めた史上最多22チームが出場。24日はグループリーグ戦が行われ、日頃の練習の成果を披露した。

開会式で全チームがずらりと並んだ

<出場チーム>

【男子】パンサーズジュニア/サンバーズジュニア/ヴィアティン三重ジュニア/VC長野トライデンツジュニア/埼玉アザレアジュニア/堺ジュニアブレイザーズ/ガロンズジュニア/アローズジュニア/JTEKT STINGS JUNIOR/FC東京ジュニア/サフィルヴァ北海道ジュニア男子/ウルフドッグス名古屋ジュニア/Sun GAIA Jr.ユース/兵庫デルフィーノジュニア/大分三好ヴァイセアドラージュニア/サンダーズジュニア広島/ブルーキャッツジュニア男子/西濃ジュニア(岐阜)

【女子】ブルーキャッツジュニア女子/ヴィクトリーナ姫路ジュニア/ヴィアティン三重ジュニア女子/サフィルヴァ北海道ジュニア女子

大会3連覇を目指すパンサーズジュニア(コート奥)
準優勝2度の堺ジュニアブレイザーズは悲願の初優勝を狙う
Cグループを首位通過した名古屋ウルフドッグス名古屋ジュニア

 今大会からは初めて女子も設けられ、4チームが出場。初代女王の座を争っている。

ブルーキャッツジュニア女子(コート奥)とヴィアティン三重ジュニア女子(手前)

 25日は順位決定戦が実施される。Vリーガーの卵たちが争う大会を制するのは、どのチームだ!?

TwitterFacebookLine
  • インターハイ2021

pagetopbtn