gv-logo

アシックスV-Swift

ITA20/21[第9節]ミラノ接戦を制す。石川4度目MVP

  • 海外ニュース
  • 2020.11.13

 ボンジョールノ! 世界最高峰リーグの模様をゲームラウンドごとにお届けする『WEEKLY SERIE A』!! さて、コロナ禍を受けて、第9節はミラノvs.パドヴァの1試合のみの実施。日本の石川祐希が古巣と対戦し、勝利に貢献しました(Photo:Legavolley.it)

※ポジション表記/OH …アウトサイドヒッター、OP…オポジット、MB…ミドルブロッカー、S…セッター、L…リベロ

■古巣パドヴァとのシーソーゲームを制す。ミラノの石川がMVP獲得

[MATCH OF THE ROUND]

ミラノ 3(25-16,21-25,25-15,18-25,15-11) パドヴァ

〔11/7@パドヴァ〕

 前節(第8節)は相手のペルージャに新型コロナウイルス陽性者が出たとのことで、試合が延期となり、2週間ぶりのゲームとなったミラノ。今節は敵地のパドヴァに乗り込んでの一戦となった。試合は激しいシーソーゲームに。第1セットはミラノが序盤から点差を引き離して先取するも、第2セットは逆の展開。第3、第4セットも同様の展開となり、セットカウントをタイとして勝負は最終第5セットへ。

 

 ここでミラノはメンバーは変えずに、ローテーションを回す策に打ってでる。というのも、第4セットでそれまでの3セットからローテを回したものの、はまらずに、元に戻したかたちだ。その冷静な判断も奏功し、セット序盤で先行すると、そのリードを保ったまま、このセットを奪い取る。フルセットのゲームを制した。

パドヴァの主砲シュテルン(写真コート奥)を懸命にブロックするミラノのマー(同左)とピアノ(同中央)

 ミラノはブロック数で上回った。OHスティーブン・マー(カナダ)が最多5本、MBヤン・コザメルニク(スロベニア)、OH石川祐希(日本)がともに3本と続き、チーム合計14本のブロックポイントをマーク。マーの19得点に続く17得点の活躍を見せた石川が試合のMVPに輝き、シーズン4度目の殊勲を手にした。特に最終セットでは自身に集まったボールを「きっちり決めることができ、勝ちに貢献できたと思います」と喜んだ。

 

 一方のパドヴァはOPシュテルン・トンチェク(スロベニア)がチーム最多22得点、途中出場ながらOHマッティア・ボットロ(イタリア)が16得点と続くも、勝利とならず。連敗を7としている。

勝利を喜ぶミラノの面々。チームのムードも上々だ(Photo:Powervolley Milano)

************

◆第9節は5試合が延期、第10節も4試合がすでに延期が決定

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、第9節の5試合が延期となっている。また、今週末の第10節も4試合の延期が発表。レギュラーシーズン前半戦も佳境を迎える中、カレンダーの変更を余儀なくされている。何よりリーグに携わる選手・スタッフ・関係者の健康を願うばかりだ。なお、延期ならびに再調整が発表されているカードは下記のとおり。(日にちは現地。変更の可能性あり)

【第9節】

ルーベvs.チステルナ →延期

ペルージャvs.モデナ →延期

トレンティーノvs.ヴァレンティア →延期

ヴェローナvs.ピアチェンツァ →延期

モンツァvs.ラヴェンナ →延期

【第10節】

モデナvs.ヴェローナ →延期

ペルージャvs.ルーベ →延期

パドヴァvs.ラヴェンナ →延期

ヴァレンティアvs.チステルナ →延期

トレンティーノvs.ミラノ →変更なく11月15日に実施予定

ピアチェンツァvs.モンツァ →変更なく11月14日に実施予定

【第11節】

ルーベvs.ヴァレンティア →11月15日に変更

セリエA男子 レギュラーシーズン順位(round9一部終了時)》

1 ルーベ 8勝0敗(勝ち点23)-

2 ペルージャ 7勝0敗(勝ち点21)-

3 ミラノ 6勝2敗(勝ち点16)-

4 ヴァレンティア 5勝3敗(勝ち点13)-

5 モデナ 4勝3敗(勝ち点12)-

6 ピアチェンツァ 4勝4敗(勝ち点12)-

7 トレンティーノ 3勝4敗(勝ち点10)-

8 ヴェローナ 3勝4敗(勝ち点9)-

9 モンツァ 3勝5敗(勝ち点7)-

10 ラヴェンナ 1勝6(勝ち点6)-

11 パドヴァ 1勝8敗(勝ち点4)-

12 チステルナ 1勝7敗(勝ち点4)-

※勝敗(勝ち点)。記号は前節からの順位推移

 

(責任編集:GUCII<坂口功将>)


  • デサントプレゼントキャンペーンFW
  • macdavid
  • 全国専門学校選手権2019

pagetopbtn