gv-logo

アシックスV-Swift

2019-20 V1女子-今週の見どころ-(11/23,24)

  • V1
  • 2019.11.22

2019-20 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN(V1女子)今週の見どころ(11/23,24)

※名前をクリックすれば選手プロフィールへアクセスします

 2019-20 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN(V1女子)は、先週末で2レグが終了。
 各チームとも6試合に及ぶ交流戦は今週からスタートし、11月23日(土)、24日(日)は両日とも3会場(川崎市、京都市、岡山市)でそれぞれ2試合が実施される。

【プレミアカンファレンス】

V1女子全体を見れば、現在無敗をキープしているのはプレミアカンファレンスのデンソーエアリービーズ。先週末は日立リヴァーレ、NECレッドロケッツにいずれもストレート勝ちを収め、これで開幕8連勝。

 

 盤石の強さの要因に、鍋谷友理枝田代佳奈美といった日本代表経験者の存在もあるが、一方でアウトサイドヒッターの工藤嶺東谷玲衣奈といった躍動感あふれるプレーでチームに勢いをもたらす若手選手たちの力も大きい。

デンソーの工藤は攻撃のアクセントに

 そして、交流戦を前に最高の形で弾みをつけたのはヴィクトリーナ姫路だ。ホームの姫路会場で昨年度女王の久光製薬スプリングスを迎えた16日は、ストレートで勝利。
その試合ではミドルブロッカーのマラ,イブナがチーム最多24得点をあげてリード。選手たちは最後まで集中力を切らすことなく戦い抜いた。今季2勝目をマークし、交流戦でさらなる勝ち星を目指す。

姫路は今季初対戦のチームを相手に勝ち星を重ねられるか

【スターカンファレンス】

 スターカンファレンスは上位3チームが2敗で並ぶなか、JTマーヴェラスがポイントで上回り、交流戦を前にして首位に立った。

 

 連勝を4に伸ばした16日のKUROBEアクアフェアリーズ戦では、コンスタントに出場機会を得ている若手アウトサイドヒッターのヒックマン,ジャスティスがチーム最多16得点をあげ、同じくアウトサイドヒッターの田中瑞稀が10得点と続いた。

 

 外国籍選手のオポジット、ドルーズ,アンドレアだけに比重を置かないチームづくりがなされている印象で、攻守のバランスが高いレベルにある。NEC、そしてデンソーとの対戦が控える交流戦開幕週でその力をぶつける。

力強いしスパイクが持ち味のヒックマン(コート奥)

 2位のトヨタ車体クインシーズは開幕7連勝をあげたがやや足踏み。とりわけ先週17日には同カンファレンスの東レにストレート負けを喫したが、交流戦で再スタートを切る。

 

 3位の東レは先週16日の埼玉上尾メディックス戦でエース黒後愛がケガから復活。シーズン開幕から攻撃面でリードしてきたクラン,ヤナ石川真佑に、さらなる得点源が加わったことはチームにとって好材料といえるだろう。
岡山そして久光製薬と対戦する今週は激戦必至だ。

 

 4位の埼玉上尾は先週17日のPFUブルーキャッツ戦で、セッターの冨永こよみが通算230試合出場を果たし、「Vリーグ栄誉賞」の表彰基準に到達。経験を生かし、今後さらなる活躍が期待される。

 

 5位のKUROBEは現在4連敗中、同6位のPFUは9連敗中と苦しい戦いが続くが、交流戦初戦でKUROBEはデンソー、PFUは久光製薬と対戦する。これまでの戦いぶりを見れば、やや苦しい見方もやむをえないが、予想をくつがえす大金星をあげれば、浮上のきっかけになることは間違いないだろう。

大ベテランの冨永はチームの屋台骨

<文:©︎V.LEAGUE>

シーズンのお供にこの一冊! 『2019-20 チームの顔(女子編)』は好評発売中!!


  • ザムストお悩み解決プレゼントキャンペーン
  • かみす防災アリーナLP
  • ミズノ×月バレ WAVELIGHTNING-Z6
  • zamst×大村工高
  • zamst×金蘭会高
  • macdavid
  • ミズノREDFORJAPAN
  • ミズノママさん限定プレゼントキャンペーン
  • 東海大札幌高
  • インターハイ2019
  • 全国専門学校選手権2019
  • 日本航空高
  • ミズノWAVE LIGHTNING-Z5
  • 関東高等学校バレーボール選手権2019

pagetopbtn