gv-logo

石川祐希 2022年の抱負を発表

  • 海外ニュース
  • 2022.01.08

【写真:所属事務所提供】

 

 イタリアセリエAのミラノに所属する石川祐希の2022年の抱負が1月6日(木)に所属事務所から、発表された。

 

 昨年、東京2020オリンピック男子日本代表の主将としてコート内外でチームを引っ張り、29年ぶりの予選ラウンド突破を果たす原動力となった石川が2022年のテーマを「挑む」に定めた。本人のコメントは下記の通り。

 

【石川祐希コメント】
2022年のテーマは「挑む」です。
もう一度、「世界一」という自分の目標に向かって、決意を改めて挑んでいき、自分の限界を超えていく一年にしたいです。
大学を卒業してから今まで、たくさんの方々にお力添えをいただきながら、着実にステップアップをしてきました。「世界最高峰リーグ」といわれるイタリアで、7シーズンをプレーし続けることができ、自分の成長実感と周囲の評価が近くなっていると感じています。
昨年は、「東京2020オリンピック」という舞台でキャプテンとして日の丸を背負い、日本代表としても世界で戦っていけるという実感と、今まで感じたことのないほどの悔しさを感じました。
ここからさらに成長するためには、7年前に初めてイタリアでプレーしたとき、世界に飛び出した頃に持っていた「挑戦する気持ち」が改めて必要だと思います。競技活動を続けることで精一杯だったコロナ禍の中で、そういった気持ちも少し薄れてしまっていたので、今改めて大好きなバレーボールと向き合い、「世界のトッププレーヤーになる」という強い意志と「挑む気持ち」を持ってレベルアップしていきたいと思います。
今シーズンは、プレーオフ準決勝進出という目標を掲げています。簡単ではありませんが、そこに挑む、絶対に達成するという強い気持ちで、2022年の新しいスタートを切りたいと思います。

  • インターハイ2021

pagetopbtn