gv-logo

定期購読

【春高】前回大会優勝の東福岡が高橋慶帆率いる習志野にストレート勝ちして、ベスト8進出

  • 学生バレー
  • 2022.01.07

 

“速さ”の東福岡が“高さ”の習志野に勝利

 

「第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高バレー)」が1月5日(水)に東京体育館(東京都渋谷区)で開幕。大会3日目の1月7日(金)は男子3回戦が行われ、東福岡(福岡)と習志野(千葉)が対戦した。

 

ディフェンディングチャンピオンの東福岡と、1回戦で優勝候補の東山(京都)を倒した習志野(千葉)との注目の一戦は、スピーディな攻撃で習志野の高さのあるブロックを封じた東福岡に軍配が上がった。

 

【結果】春高男子トーナメント表はこちら

 

第1セット序盤から、お互いに点を取り合う展開に。習志野はキャプテン#1平山大陸のレフトスパイクや時間差攻撃、身長195cmと高さのある#5小田周平のクイック、エース#3高橋慶帆のサービスエースなどでテンポよくポイントを取っていく。

 

一方の東福岡も、#1葭原昂大の力強いスパイクやブロック、2年生のミドルブロッカー#9木下魁十や#7川野史童らのクイックなどで得点。11-11までシーソーゲームが続いたが、中盤で東福岡が抜け出す。エース#3坪谷悠翔が強烈なスパイクを2本連続で決めて、13-11とリード。その後、6種類のブロードを打ち分ける#2山田美雄がレフトからセンターに移動して打つブロード攻撃を決めると、#1葭原が#4高橋のスパイクをブロックに成功。16-13と徐々に習志野を引き離していく。また、相手のお株を奪うように、ブロックに2枚以上がそろって跳び、相手のアタッカー陣にプレッシャーをかけた東福岡。それまで見られなかったコンビミスを習志野から引き出すなど、21-16と点差を広げる。東福岡は最後までそのリードを守り切り、第1セットを25-21で先取した。

 

第2セットも第1セットと同様に、お互いに取っては取られの攻防戦となる。東福岡は、#2山田が#5小田のクイックを1枚でシャットアウト、#4高橋のバックアタックを3枚でブロックするなど、ブロックで強さを発揮。習志野も#1平山のサーブで崩し、#5小田がブロックやクイックを決めて応戦する。#3高橋もブロックの上から強烈なスパイクを放ち、チームを引っ張る。

 

先に20点台に乗せたのは東福岡だった。習志野の攻撃をワンタッチで拾い、#2山田がレフトから切り込んでクイックを、#3坪谷がバックアタックを、#1葭原がレフトからスパイクを決めて、23-19とリードする。しかし、習志野#1平山にサービスエースを決められると、ミスが出て23-22と1点差に。先にマッチポイントを奪うも、#3高橋にスパイクを決められると、次のポイントでは#3高橋のサーブで崩され、24-24の同点に追いつかれてしまう。

 

流れがどちらに傾くかわからない展開だったが、勝負を締めくくったのは東福岡。27-26と先にマッチポイントを迎えた場面で習志野の攻撃を拾い、キャプテンの#1葭原がレフトからスパイクを決め切ってゲームセット。東福岡が第2セットを28-26で奪い、準々決勝進出を決めた。東福岡が持ち前のスピーディ&多彩な攻撃のバレーで習志野の高さを封じた、この一戦。結果的には2セットで終わったが、スコア以上に拮抗した内容のゲームだった。

 

【特集】春の高校バレー2022特設サイトはこちら

pagetopbtn