gv-logo

ヴォレアス北海道が初制覇(V2男子最終結果・個人賞)

  • V2・V3
  • 2022.03.28

©︎V.LEAGUE

 

 2021-22 V.LEAGUE DIVISION2 MEN(V2男子)V・レギュラーラウンドが3月27日(日)に最終日を迎え、1位のヴォレアス北海道が2位富士通カワサキレッドスピリッツとの直接対決を制し、初優勝を飾った。V2男子はV・レギュラーラウンド全日程が終了し、最終順位と個人賞が決定した。

 

 優勝したヴォレアスと準優勝の富士通は、4月9日(土)、10日(日)に小田原アリーナ(神奈川)で行われるV・チャレンジマッチ(入替戦)に進む。ヴォレアスはDIVISION1 MEN(V1男子)の10位のVC長野トライデンツ、富士通は9位の大分三好ヴァイセアドラーと昇格をかけて戦う。

 

 また10位のトヨタ自動車サンホークスは、V・チャレンジマッチで来シーズンのV2男子残留をかけて、DIVISION3 MEN(V3男子)1位のアイシンティルマーレと戦う。試合会場、日程についてはV・チャレンジマッチ ~2022-23 V.LEAGUE DIVISION1 MEN 出場決定戦~と同じとしている。

 

 また、V2男子のV・レギュラーラウンドの下位5チーム(11位~15位)は大会要項にのっとりV3男子へ自動降格が確定。来シーズンのV2男子は10チームで開催される。

 

 試合結果、最終順位、個人賞は下記の通り。

 

【V2男子】

警視庁フォートファイターズ 3-0 大同特殊鋼レッドスター

(25-23, 25-22, 26-24)

ヴォレアス北海道 3-2 富士通カワサキレッドスピリッツ

(24-26, 25-17, 18-25, 25-14, 15-10)

北海道深川市

深川市総合体育館

 

千葉ZELVA 3-0 東京ヴェルディ

(25-19, 27-25, 25-19)

埼玉アザレア 3-2 つくばユナイテッドSunGAIA

(25-20, 25-22, 23-25, 24-26, 15-8)

埼玉県蕨市

蕨市民体育館

 

V2男子V・レギュラーラウンド最終順位

順位

チーム名

試合数

ポイント

1

ヴォレアス

28

27

1

80

2

富士通

28

25

3

76

3

ヴィアティン

28

24

4

68

4

埼玉

28

20

8

57

5

サフィルヴァ

28

15

13

41

6

大同特殊鋼

28

13

15

42

7

デルフィーノ

28

13

15

36

8

きんでん

28

12

16

36

9

つくば

28

12

16

36

10

トヨタ自動車

28

11

17

35

11

奈良

28

10

18

31

12

警視庁

28

10

18

30

13

東京V

28

8

20

25

14

クボタ

28

7

21

25

15

千葉

28

3

25

12

※勝利数、ポイントの順に高いチームが上位

 

V2男子個人賞

個人賞

選手名(チーム名)

記録

受賞回数

最高殊勲選手賞

張 育陞

(ヴォレアス)

初受賞

敢闘賞

栁田百織

(富士通)

初受賞

最優秀新人賞

春藤洸介

(ヴィアティン)

得点王(最多得点)

張 育陞

(ヴォレアス)

514得点

初受賞

スパイク賞
(アタック決定率)

エバデダン ジェフリー
宇意(富士通)

62.0%

2年連続
2回目

ブロック賞
 (セットあたりブロック決定本数)

佐藤 匠

(埼玉)

0.79本

初受賞

サーブ賞(サーブ効果率)

張 育陞

(ヴォレアス)

12.2%

2年連続
2回目

サーブレシーブ賞
(サーブレシーブ成功率)

森 愛樹

(デルフィーノ)

77.2%

初受賞

フェアプレー賞

春藤洸介

(ヴィアティン)

浅野卓雅

(富士通)

長谷川優太

(大同特殊鋼)

橋本大海

(千葉)

1枚

初受賞

 

  • インターハイ2021

pagetopbtn