gv-logo

[イタリア21/22]月バレ的シーズン表彰 Forza Awards

  • コラム
  • 2022.05.22

 ボンジョールノ。世界最高峰リーグの模様をゲームラウンドごとにお届けする『WEEKLY SERIE A』。2021/22シーズンは史上初めて日本人選手3名が参戦するなど、話題を集めました。さて、毎シーズン恒例、月バレ海外情報担当のGUCIIが独自に部門を設けて表彰する『2021/22 Forza Awards』!!(Photo:Legavolley.it)

※ポジション表記/OH …アウトサイドヒッター、OP…オポジット、MB…ミドルブロッカー、S…セッター、L…リベロ

■ベストチーム賞:ルーベ

〔ノミネート:ペルージャターラント

 7度目のスクデット(リーグタイトル)獲得を果たしたルーベ。プレーオフでは準決勝ラウンドでトレンティーノに開幕2連敗を喫しながら、そこから3連勝で決勝ラウンドに進出すると、そのまま頂点まで走り抜けました。そのトッププレーヤーたちが見せた集中力!!

 決勝ラウンド第4戦、コンディションが万全ではないキャプテンOHオスマニー・ユアントレーナ(イタリア)がコートの外から懸命に声を張り上げる姿に思わず胸アツ…。

■ベストプレーヤー賞:イバン・ザイツェフ(イタリア/ルーベ)

〔ノミネート:ロベルランディ・シモン(キューバ/ルーベ)、ルチアノ・デセッコ(アルゼンチン/ルーベ)〕

 昨季はロシア・スーパーリーグでプレーし、帰ってきた“ツァーリ(=皇帝)”ことイバン・ザイツェフ(イタリア)。ケガで出遅れましたが、レギュラーシーズン後半からプレーオフにかけては、フルスロットル!! 豪快なアタックとサービスエース、そして、観客を煽り、場内のボルテージを一気に上げる姿は、まさにアクション映画の主人公のようでした。

■ベストヘッドコーチ賞:ニコラ・グルビッチ(ペルージャ)

〔ノミネート:ジャンロレンツォ・ブレンジーニ(ルーベ)、ヤコポ・クッチーニ(パドヴァ)〕

 昨季はポーランド・プラスリーガ男子のケンジェジン-コジエを率いて、国内リーグ2冠とCEVチャンピオンズリーグ2021制覇を遂げた“闘将”ニコラ・グルビッチ。今季からペルージャを指揮し、コッパ・イタリア優勝に導きました。

 今年度からは男子ポーランド代表の監督にも就任し、ペルージャでともに戦ったOHウィルフレド・レオン(ポーランド)とそこでもタッグを組み、代表の舞台に繰り出します。

■インパクトプレーヤー賞:ロク・モジッチ(スロベニア/ヴェローナ)

〔ノミネート:西田有志(日本/ビーボ・ヴァレンティア)、マーロン・ヤント(キューバ/ルーベ)〕

 20歳の若さで今季、自身初となるセリエAの舞台に身を投じたロク・モジッチ(スロベニア)。リーグ開幕直前のヨーロッパ選手権では、準優勝に輝いた男子スロベニア代表に選ばれながら、出番は限られていました。ところがどっこい、蓋を開けてみると、ヴェローナのポイントゲッターとして大活躍。

 レギュラーシーズンではリーグ最多466得点、1セットあたり5.12得点はリーグ2番目となる数字を残しました。シーズン終了前にヴェローナが契約延長を発表したのも納得。

 

■カムバックプレーヤー賞:マシュー・アンダーソン(アメリカ/ペルージャ)

〔ノミネート:イバン・ザイツェフ(イタリア/ルーベ)、イアルバン・ヌガペト(フランス/モデナ)〕

 昨季はクラブシーズンでプレーすることがなく、2021年度の代表シーズンを経て、今季はペルージャに入団したマシュー・アンダーソン(ロシア)。男子アメリカ代表ではオポジットですが、クラブではアウトサイドヒッターとしてプレーし、決して派手さはなくとも、アタックとレシーブは安定感抜群!!

 ロシア・スーパーリーグのカザン在籍時に共闘したレオンと再び対角を組み、コッパ・イタリア制覇に貢献しました。すでに自身のSNSでは、退団を表明していますが、今後の去就に注目。

■ベストユニフォーム賞:ミラノ/スカラ

〔ノミネート:ヴェローナモデナ

 今季からサプライヤーをエレア社に変更したミラノ。ホームタウンを代表する演劇場「スカラ座」の公演シーズン開幕を記念したスペシャルユニフォームが登場しました。チーム名やスポンサーがややくすんだレトロ調なっていることで、全体としてもデザイン性抜群の一着に。文句なしの今季ベストユニフォーム!! バレーボール界で、こんな仕掛けがもっともっと増えてほしいなぁ…。

 

世界最高峰リーグの模様をお届けしてきた当コーナー『WEEKLY SERIE A』、2021/22シーズンはこれにて完結。今季も見どころ満載のシーズンでした。なんといっても、FIVBの公式プラットフォーム「VOLLEYBALL.TV」で全試合が視聴できた!! ということで、本誌掲載の「シーズン選手名鑑」を手に、よりいっそうセリエAが身近なものになっていれば…、うれしいです。

これで4シーズンを担当したGUCIIも、実は「VOLLEYBALL.TV」で初の試合解説をさせていただき…、これまでとは少し違う発信ができたかな、と。引き続きレベルアップして、セリエAの模様を伝えるために励んでいきます。ということで2022/23シーズンに、またお会いしましょう!! それでは、アリヴェデルチ&グラッツェ!!(責任編集:GUCII)

  • インターハイ2021

pagetopbtn