gv-logo

定期購読

あなたなら、どう倒しますか? 男子日本代表が挑むフランスを五輪金に導いたティリ監督に聞いてみた。鍵は日本の強みであるサーブ

  • コラム
  • 2022.07.19

 男子日本代表が臨むネーションズリーグ2022は現地7月20日にボローニャ(イタリア)で、ファイナルラウンドが幕を開ける。8チームによるトーナメント形式で行われるファイナルラウンドの、その初戦となる準々決勝(現地21日)で日本が対戦するのがフランスだ。

 

<ネーションズリーグ予選ラウンドではブラジルをストレートで下したフランス(奥)>

 

前・指揮官が話す「フランスの最大の強みは…」

 

 フランスといえば、昨夏に東京2020オリンピックで金メダルを獲得。オリンピックMVPのエース、イアルバン・ヌガペトや世界ナンバーワンリベロの呼び声高いジェニア・グルベニコフ、またセッター、ミドルブロッカー、オポジットは世界トップレベルの選手2人が並び、まさに“誰が出ても強い”チームを実現している。

 

 そのフランスを金メダルに導いたのが、2020-21シーズンからはVリーグのパナソニックパンサーズで指揮を執っているロラン・ティリ監督だ。昨年かぎりで代表監督は退任。7月中旬から大阪で行われたネーションズリーグ2022予選ラウンドの会場にも訪れ、フランスチームの面々とも言葉を交わす姿が見られた。

 

 ということで、質問をぶつけてみた。もし、あなたが指揮するチームが今のフランス代表と対戦するなら、どうやって倒しますか?

 

 すると、「いい質問ですね」とほほえみながら答えてくれた。

 

「フランスの最大の強みはパス力(サーブレシーブ)です。リスクを伴っても戦術的なサーブを打つ必要があります。ショートサーブや、後衛中央エリアへのサーブ…。とはいえ、倒すのは非常に難しいでしょう」

 

 上半身を旋回させながら相手に背中を向けて打つ“変人アタック”など派手なプレーが目を引くヌガペトだが、サーブレシーブの安定感は抜群。ヌガペトの対角に入るヤシン・ルアティやトレボール・クレブノらもパスヒッターとして高いレベルを備える。そのサーブレシーブを起点に、型にはまらない攻撃を繰り出してくるのだ。

 

<現・監督のアンドレア・ジャーニ氏(左)とティリ氏のツーショット>

 

今大会、相手にとって脅威となっている石川と西田のサーブ

 

 ファイナルラウンドでの1勝、つまりフランス撃破を目下最大の目標に掲げる日本。キャプテンの石川祐希は対戦を前に、相手の印象をこう語る。

 

「サーブとサーブレシーブが基本となる点は、自分たちと同じです。その中でも特に、サーブレシーブが非常にいいチームだと思うので、そこで負けないことが一つ重要になってきます」

 

 今大会、日本はサーブが威力を発揮し、予選ラウンドを通して石川が29本(個人ランキング2位)、西田有志が27本(同3位)のサービスエースをたたき出した。また、エースを奪うだけでなく、関田誠大や山内晶大らの戦術的なサーブも試合を優位に進める一手となっている。

 

 最後に、イタリア・セリエAで石川や西田を指揮し、22-23シーズンからVリーグのウルフドッグス名古屋を指揮するヴァレリオ・バルドウィン監督の予想を。実際に大阪で日本とフランス両方の戦いを目にしていた。ずばり、どっちが勝つと思いますか?

 

「単純に答えは出せませんね…。やはりオリンピックチャンピオンですし、これほど倒すのが難しい相手はいません。ですが、もし日本がいつもどおりのサーブを繰り出すことができれば、きっとフランスもうまくいかないはず。そうなれば、チャンスが生まれるかもしれません」

 

<まずはフランスのサーブレシーブをいかに崩せるかが鍵となりそうだ>

 

(取材/坂口功将〔編集部〕)

 

*****

2024年パリオリンピックへ向けて力強く第一歩を踏み出した日本代表

男子チームの躍進の理由とは!?

『月刊バレーボール』8月号は好評発売中

お求めは【NBPオンラインショップ】へ⇒コチラ

 

>>><次ページ>【ギャラリー】ネーションズリーグ2022 日本代表vs.オーストラリア〔18枚〕

  • 熱血指導柳田将洋×岐阜成徳学園高
  • スポルティング×東山高

pagetopbtn