gv-logo

定期購読

【四国インターハイ2022】予選グループ戦の注目カード、東九州龍谷が前回大会優勝の下北沢成徳を2-0で下す

  • 学生バレー
  • 2022.07.29

 

 

高さと速さを生かした攻撃で東九州龍谷がストレート勝ち

 

7月29日、「令和4年度全国高等学校総合体育大会バレーボール競技大会(インターハイ2022)」大会初日、女子予選グループ戦、前回大会優勝の下北沢成徳(東京[1])は東九州龍谷(大分)と対戦。予選グループ戦注目のカードは、東九州龍谷が下北沢成徳に2-0で勝利し、決勝トーナメントへ駒を進めた。

 

【表】四国インターハイ2022「女子グループ戦組み合わせ表」をチェック

 

1セット目開始直後、お互いに点数を取り合い2-2の場面で、東九州龍谷がライトからフェイントでワンタッチを取って3-2とすると、そこから#3岡部詩音のブロック、#2飯山エミリのライトスパイクなどが自在に決まり、7連続得点。9-2と一気にリードする展開。下北沢成徳は#4武田麗華がライトから決めて3-9とするが、すぐさま東九州龍谷は#3岡部がレフトから速い攻撃を決めると、ネット際でも強さを見せ、さらに3ポイントを連取。

 

得点差を縮めたい下北沢成徳は、#1谷島里咲がレフトから力強いスパイクを決めきるなど追い上げを図るが、連続得点が欲しいところでサーブミスなどが出て、流れに乗り切れない。一方、東九州龍谷は途中交代して入った#10山田ののはがサーブで崩し、返ってきたボールを#2飯山が確実に決めるなどして、16-6と差を広げていく。終盤、下北沢成徳は粘り強いレシーブから#1谷島や#3佐藤彩夏らが力強いスパイクを決めて点差を詰めるものの、#5飯尾風香の活躍も光った東九州龍谷が常にリードを保ち、第1セットを25-17で取った。

 

第2セットは、下北沢成徳がサーブなどで攻めて相手のミスを誘い、攻撃の場面では着実にポイントを決めて6-1とリードする展開に。その後、東九州龍谷は#7石山菜花のクイックや#2飯山・#5飯尾のブロックポイントなどで相手にプレッシャーをかけてミスを誘い、ジリジリと追い上げていく。下北沢成徳はエース#1谷島や#3佐藤を軸に点数を重ねるが、長いラリーが続いた場面でミスが出て失点してしまう。そして、11-10の1点差に詰め寄った東九州龍谷は、#1加藤明がブロックポイントを決めて11-11の同点に。下北沢成徳は、すかさず#10中田藍美がセンターから攻撃を決めて12点目を奪うも、その後は東九州龍谷が#1加藤と#5飯尾が立て続けにライトからのスパイクを決めて、逆転に成功。先に13点目を取り、タイムアウトへ。

 

 

その後、東九州龍谷のミスや下北沢成徳#4武田のブロックポイントなどが決まって再び15-15の同点に。しかし、ここでも抜け出したのは東九州龍谷だった。16点目を取ると、東九州龍谷#7石山がサーブで崩し、連続して下北沢成徳のミスを誘い18-15とリードする。

 

終盤、なんとか追いつきたい下北沢成徳は#2古川愛梨のセンターから高さのあるスパイク、#1谷島のスパイクなど個人技で得点を重ねるも、長いラリーになった時にポイントまでつなげ切れない。最後は、中盤のリードを守った東九州龍谷がブロックを決めて第2セットを25-23で奪取し、勝利を収めた。

 

 

「四国インターハイ2022」特設ページはこちらをクリック!!

 

【次ページ】東九州龍谷対下北沢成徳の試合のフォトギャラリー

pagetopbtn