gv-logo

定期購読

【四国インターハイ2022】[速報]東山が大会初優勝! 東福岡を下し、失セット0で日本一に

  • 学生バレー
  • 2022.08.07

 

決勝を含め6試合オールストレート勝ちで東山が日本一に

 

8月7日、「令和4年度全国高等学校総合体育大会バレーボール競技大会(インターハイ2022)」大会8日目男子決勝、東福岡(福岡)と東山(京都)が対戦。東山が25-23、25-19、25-18と東福岡をストレートで下し、大会初優勝を果たした。

 

「四国インターハイ2022」特設ページはこちらをクリック!!

第1セット、13-8と先にリードした東福岡だったが、東山が中盤7連続得点をあげて形勢をひっくり返して25-23でセットを先取。調子の波に乗ると第2セット序盤、#4花村知哉、#3尾藤大輝のサーブから連続ブレークに成功。13-6とリードを作ると、その後はブレークを許さず。25-19でセットを連取する。そして第3セットも先に流れを掴んだ東山。13-10とわずかにリードを作ると、25-18で締めてストレート勝ちを果たした。

 

今大会、東福岡は予選グループ戦で聖隷クリストファー(静岡、今大会ベスト8)に25-13、25-18と快勝。第4シードとして、決勝トーナメントに駒を進めると、初戦となる2回戦で愛知工大名電(愛知)に30-28、22-25、25-19とフルセットの末に競り勝ち。3回戦・山形中央(山形)、4回戦・聖隷クリストファーをストレートで下して4強入りを果たすと、準決勝では前回大会優勝の鎮西(熊本)と対戦。6月の全九州大会では決勝でストレート負けを喫している鎮西に、第1セットを16-25と落としたものの、立て直して第2セット25-13、第3セット25-20でフルセット勝利。8年ぶり2度目の決勝進出を決めた。

 

一方、東山は予選グループ戦で新発田中央(新潟)にストレート勝利すると、決勝トーナメント初戦となる2回戦で土浦日大高(茨城)、3回戦・崇徳(広島)、4回戦・近江(滋賀)、準決勝・松本国際(長野)とオールストレート勝ちでインターハイでは初の決勝進出を果たしていた。

 

※詳しいレポートは9月15日(木)発売、『月刊バレーボール』10月号【インターハイ男子特集】にて掲載いたします

 

「四国インターハイ2022」特設ページはこちらをクリック!!

 

pagetopbtn