gv-logo

定期購読

【四国インターハイ2022】東福岡が決勝へ! エース#3舛本の攻撃を封じた東福岡が鎮西に逆転勝ち

  • 学生バレー
  • 2022.08.07

※写真は敗れた鎮西

 

#3川野を軸に多彩な攻撃を見せた東福岡が前回大会、九州大会の雪辱を果たす!

 

8月7日、「令和4年度全国高等学校総合体育大会バレーボール競技大会(インターハイ2022)」男子大会最終目、準決勝、前回大会覇者の鎮西(熊本)は東福岡(福岡)と対戦。鎮西のエース#3舛本颯真の攻撃を封じた東福岡がフルセットでの逆転勝利を収め、決勝進出を決めた。


【表】四国インターハイ2022「男子決勝トーナメント表」をチェック

両チームは、前回のインターハイ準決勝、そして九州大会の決勝でも対戦。いずれも鎮西が勝利しており、東福岡にとってはその借りを返したい一戦となった。

 

手の内をよく知る両者の戦いは、第1セット序盤から拮抗した展開になる。東福岡はチームの得点源であるサウスポー#3川野史童を中心に、#5磯脇侑真のクイック、#9葭原逢太のスパイクなどで得点。対する鎮西はエース#3舛本を軸に、#6井坂太郎のスパイクや#8玉井利来のブロックなどでポイントを挙げ、サイドアウトが続く。

 

試合が動いたのは中盤。鎮西が7-6と1点リードした場面で、東福岡にミスが出ると、鎮西がブレークに成功。9-6と差を広げる。その後も鎮西がリードを保ち、13-10としてタイムアウトへ。

 

タイムアウト後、東福岡#3川野のスパイクを鎮西が3枚ブロックで仕留めて14-10とすると、#6井坂のサーブで相手のサーブレシーブを崩し、スパイクミスを引き出すなどして18-13と点差を広げる。なんとか追いつきたい東福岡だったが、終盤にミスを連発。一方の鎮西は#1平田悠真のスパイク、#3舛本のバックアタックなどで着実に点数を重ね、第1セットは鎮西が25-16で先取した。

 

第2セット序盤は、第1セットと同様に拮抗した展開が続いたが、先に抜け出したのは東福岡だった。8-7と東福岡が1点リードした場面でブレークすると、続いて#3川野のスパイクが決まり連続得点。10-7と点差を広げる。このあたりから、鎮西#3舛本に疲れが見え始め、東福岡の高いブロックの前にスパイクを決めきれず、思うように得点につなげられない展開に。一方、東福岡は連続ブロックを決めるなどして14-7と一気に7点差をつける。

 

鎮西は#1平田のスパイクでやっと8点目を取るも、その後も攻撃を拾われ点差を詰めることができない。反対に完全に流れをつかんだ東福岡は、チャンスの場面で#3川野や#9葭原、#2木下魁十らがきっちりとポイントにつなげ、20-10と大量リード。鎮西はブロックポイントや#6井坂の攻撃などで粘るも、最後まで#3舛本のスパイクが決まらず、東福岡が第2セットを25-13で取り返した。

 

勝負のかかった第3セットも、東福岡の勢いが止まらず、序盤からブロックを決めるなど2-0とリードをつくる。続く場面で、鎮西#3舛本がレフトからスパイクを決めて久しぶりに得点。ここから挽回したい鎮西だったが、東福岡#3川野がライトスパイクを決めて3-1とすると、続けて#6田代理貴がサーブで相手のサーブレシーブを崩し、ブレークに成功。東福岡が4-1とリードする。その後も、鎮西にスパイクミスが出て、東福岡は10-4と点差を広げる。

 

これ以上引き離されたくない鎮西は、ここで#3舛本が奮起。センターからバックアタック、レフトからスパイクを立て続けに決めて、9-12まで点差を詰める。続けて#1平田がスパイク、サーブで活躍し、12-13と1点差まで追い上げる。

 

しかし、東福岡も簡単に流れを渡さない。鎮西#3舛本の攻撃を拾って、#3川野を軸に攻撃につなげて18-15と点差を広げる。なんとか追いつきたい鎮西だったが、東福岡を相手にこの3点差は大きかった。16-19とリードされている場面で#3舛本のスパイクがアウトになり、東福岡に20点目。その直後、#3舛本が立て続けにスパイクを決めて18-20と追いかけるも、東福岡は#3川野がブレークチャンスの場面でしっかり攻撃を決定。最後も、レシーブから#3川野がライトからスパイクを決めて、東福岡が25-20で奪取。前回のインターハイ、九州大会のリベンジを果たした東福岡が決勝へ駒を進めた。


「四国インターハイ2022」特設ページはこちらをクリック!!

pagetopbtn