gv-logo

定期購読

注目のエース舛本颯真を擁する鎮西が優勝 国体に続くタイトル獲得へ【春高2023熊本県予選】

  • 学生バレー
  • 2022.11.17

鎮西の舛本颯真(写真はインターハイ時のもの)

 

前回大会準優勝の鎮西が14年連続で春高へ

 

 第75回全日本高等学校選手権大会(春高)熊本県代表決定戦の男子決勝が人吉スポーツパレス(熊本県人吉市)で11月12日(土)に行われ、鎮西が熊本工にセットカウント3-0(25-17, 25-19, 25-13)で勝利。14年連続35回目となる春高への切符を手にした。

 

 4年連続で同じ顔合わせとなった決勝。第1セットは鎮西#6井坂太郎がサービスエースを決めて先制するが、熊本工も#3小川晴生が速攻を決めて連続ブレイクを許さない。#1平田悠真や#3舛本颯真を軸に攻撃していく鎮西に対し、熊本工は#8前田蒼和や#7櫟本俊太らによる速さのあるコンビバレーで得点を重ね、一進一退の攻防が続く。

 

 しかし中盤以降、徐々にリードを広げたのは鎮西だった。9-10と1点リードしたところからミスが増え始めた熊本工に対し、攻撃を決め切った鎮西が15-12と引き離していく。後半、熊本工は#7櫟本のスパイクなどで追い上げを図るも、連続得点したいところでコンビミスなどが出てしまう。一方の鎮西は、#6井坂や#1平田らの強打で着実に得点し、第1セットは25-17で鎮西が先取した。

 

 第2セットも序盤はお互いに点を取り合う展開に。鎮西は粘り強いレシーブからチャンスの場面で#6井坂、#1平田がスパイクを決め、一方の熊本工は#8前田の鋭いライトスパイクやセッター#5原口廉生の強打などが決まって7-7とする。しかし、ここで強さを見せた鎮西。#6井坂の強烈なジャンピングサーブで熊本工を崩すと、エース#3舛本のスパイクやブロックなどで12-7と5連続得点に成功する。

 

 そのあと、熊本工も#3小川のブロックやクイック、#2滝本翔大の速攻、#7櫟本のスパイクやサービスエースなどで、17-16と1点差まで詰め寄るも、鎮西は1本で切りたい場面で#3舛本が確実に得点し、熊本工の連続ブレイクを許さない。終盤にかけても、強いサーブで相手の攻撃を封じた鎮西。#3舛本がレフトからインナーやコート奥に次々とスパイクを決めて、鎮西が25-19で2セットを連取した。

 

 第3セット、あとがない熊本工は鎮西のミスに助けられながら、#8前田や#1脇島大晴の活躍で0-4とリードを奪う。しかし鎮西は#3舛本の活躍で4-5と反撃。すると熊本工に立て続けにミスが出て、鎮西が6-5と逆転すると、#1平田の強烈なサーブなどで相手に攻撃をさせず、鎮西が10-6と一気にリードする。

 

 流れをつかんだ鎮西は、終盤にかけて#6井坂のブロックやスパイク、#5荒谷柊馬の速攻、#1平田のサービスエースなどで14-8、17-10、22-11とリードを広げていく。熊本工は#8前田のライトスパイクや#2滝本のクイックなど最後まで攻撃の姿勢を見せるも、連続ブレイクには至らず。鎮西が第3セットを25-13で取ってストレート勝ちし、春高切符を手にした。

 

春高出場を決めた鎮西

 

男子は鎮西、女子は熊本信愛女学院が優勝【春高2023熊本県予選】

 

【国体優勝・鎮西高3年生座談会(前編)】身長190㎝越えの愛知県を破ったカギはエース舛本に頼らない攻撃&2年生の覚醒

 

【国体優勝・鎮西高3年生座談会(後編)】思い出したバレーを楽しむ気持ち 大会中にはしくじりも!?

 

【次ページ】鎮西のその他の写真

pagetopbtn