gv-logo

定期購読

ミラノの石川祐希 18得点をあげ、新年初勝利

  • 海外ニュース
  • 2023.01.11

18得点をあげた石川祐希(写真はトレンティーノ戦のもの)【Photo:Lega Pallavolo Serie A】

 

 石川祐希の所属するミラノは、イタリア・セリエAレギュラーシーズン後半第3節でシエナと現地時間1月8日(日)にアウェーで対戦し、3-0(25-15, 25-22, 25-15)で勝利した。

 

 ミラノは昨年12月に行われた後半第1節チステルナ、第2節モンツァに連敗していたが、コッパ・イタリア準々決勝では昨年に続きルーベから勝利を挙げた。石川はルーベ戦で両チームトップの21得点、アタック決定率は60%を記録し、今季初MVPを獲得。勢いを取り戻して新年最初のシエナ戦に臨んだ。

 

 ミラノは第1セット序盤からMBマッテオ・ピアノ(イタリア)、OPジャン・パトリ(フランス)のブロック、OH石川のバックアタックなどで、順調に得点を重ね先取した。第2セットはシエナに先行を許すが、OHオスニエル・メルガレホ(キューバ)のスパイクで同点に追いつき、石川のフェイクトスをやはりメルガレホが決めて逆転に成功する。終盤には石川のサービスエースも決まりセットを連取した。第3セット、石川は倒れ込みながら相手のスパイクをレシーブすると、すぐに起き上がってバックアタックを決めるなど、攻撃の手を緩めない。そのあと、Sパオロ・ポッロ(イタリア)のブロックでリードしたものの、中盤に同点に追いつかれた。しかしメルガレホのスパイクやサーブでブレイクに成功。このセットも奪い、新年初勝利を収めた。

 

 石川は全セットスタメンで出場。両チームトップの18得点(ブロック3得点、サーブ1得点含む)、アタック決定率は64%、サーブレシーブ返球率は71%(内Aパス29%)を記録した。

 

 次戦、ミラノは現地時間1月15日(日)18:00【日本時間16日2:00】から、レギュラーシーズン第4節をモデナとホームで戦う。

 

※ポジション表記/OH=アウトサイドヒッター、OP=オポジット、MB=ミドルブロッカー、S=セッター、L=リベロ

 

石川祐希 イタリア・セリエA【ミラノ】 チーム成績・個人成績

 

【次ページ】シエナ戦のハイライト動画やミラノの順位を確認する

  • 熱血指導柳田将洋×岐阜成徳学園高
  • スポルティング×東山高
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn