gv-logo

定期購読

前半戦はいよいよ大詰めのV1男子 新加入の選手たちも戦況に影響か【V1男子・今週の見どころ】

  • V1
  • 2023.01.11

 

 2022-23V.LEAGUE DIVISION1 MEN(V1男子)は今週末、全10チーム中8チームがV・レギュラーラウンド前半最後の対戦を迎える。前週、前半戦で出遅れていたジェイテクトSTINGS(6位・8勝8敗)とJTサンダーズ広島(7位・8勝8敗)がともに2連勝し、上位チームとの差を詰めたことで、V・ファイナルステージ進出争いがさらに混沌としてきた。今週末は、その進出争いにも大きく影響しそうな対戦が目白押しだ。

 

 まずは紫波町総合体育館(岩手県)で行われる東レアローズ(5位・10勝6敗)対ウルフドッグス名古屋(1位・14勝2敗)。WD名古屋は、1月8日(日)の試合でサントリーサンバーズに敗れ、連勝は13でストップしたが、すでに前半戦を首位で折り返すことは確定。昨シーズン準優勝した布陣に加え、今シーズンは身長205cmの中国出身ミドルブロッカー王東宸が加入したことが、攻守にわたり大きな効果をもたらしている。特にブロックにおいては傳田亮太、王の両ミドルブロッカーがブロックランキング1、2位を占め、チームとしてもダントツの1位と、他チームの脅威となっている。一方の東レは、前週JT広島に連敗し5位に後退した。今週は何としてもホームで勝利し、上位に踏みとどまりたいところだ。

 

 

 

 おおきにアリーナ舞洲(大阪府大阪市)では、サントリー(3位・11勝5敗)とパナソニックパンサーズ(4位・10勝6敗)の大阪勢が対戦する。サントリーは欠場していたドミトリー・ムセルスキーとアライン・デ アルマスが前週から先発復帰。初戦はミスが目立ったが、2戦目は持ち前の攻撃力、サーブが機能し首位WD名古屋の連勝を止めた。パナソニックも、年明けからは大学生の4選手が加わり新たなスタートを切った。大学3年生だった昨季もV・ファイナルステージ進出に貢献した日本代表の大塚達宣(早稲田大)、エバデダン ラリー(筑波大)が前週から早速先発に起用され、エバデダンと同じく全日本インカレを制した筑波大の垂水優芽、西川馨太郎も今後活躍が期待される。

 

 

 そしてジェイテクトアリーナ奈良(奈良県橿原市)では、現在上昇ムードに乗る2チーム、ジェイテクトとJT広島が対戦する。両チームとも今季は新加入選手が多く、年内のリーグでは苦しんだが、12月に行われた天皇杯で、新加入選手が本領を発揮し始め、連係も徐々に噛み合いチーム状態が上がった。両者は天皇杯準決勝で激突。JT広島が1、2セットを連取し、第3セットもマッチポイントを握ったが、そこからジェイテクトが3セットを取り返して逆転勝利。その勢いのまま優勝した。あの激戦の再戦が早くもリーグで実現する。上位チームに割って入るために、どちらにとっても非常に重要な2連戦となる。

 

 

V1男子試合結果一覧(1/8終了時点)

 

【次ページ】V1男子順位表・順位推移表

  • 熱血指導柳田将洋×岐阜成徳学園高
  • スポルティング×東山高
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn