gv-logo

春高2024

男子日本代表 VNL準決勝でFIVBランキング1位のポーランドに逆転で敗れ3位決定戦へ

  • 日本代表
  • 2023.07.23

 

【Photo : FIVB】

 バレーボールネーションズリーグ(VNL2023男子ファイナルラウンドポーランド大会で男子日本代表(FIVBランキング5位)は、現地722日(土)にポーランド(同1位)と準決勝で対戦し、セットを先取したものの1-3で敗れた。

 

【画像】男子日本代表その他の写真(スロベニア戦)

 

 ファイナルラウンド開催国のポーランドは、予選ラウンドを10225ポイントの3位で通過し(日本は10227ポイントで2位)、準々決勝ではブラジルをストレートで下し準決勝に進出。日本は予選ラウンド最終戦でポーランドと対戦し、0-3で敗れていた。

 

 西田が腰を故障したこともあり、オポジットはポーランドリーグを知る宮浦でスタート。第1セットはお互いにサイドアウトを取り合う展開から、中盤に高橋藍が前後を効果的に突いたサービスエースを2本決めるなど、6連続ポイントでリードした日本がそのままセットを奪った。

 第2セットは序盤からポーランドに連続ブレイク許しリードを奪われる。中盤に石川主将のサービスエースなどで徐々に点差を縮めると、髙橋藍がレオンのスパイクをブロックし同点に追いつく。その後、お互いに点を取り合いジュースに。宮浦のサーブから石川主将がスパイクを決めて先にセットポイントを奪ったが、そこからブロックに捕まるなど連続失点、逆転でセットを落とした。

 続く第3セット、序盤からポーランドのサーブに崩されリードを許した日本は、永露や西山を投入するなど流れを変えようとするも及ばず、セットを連取されてしまう。

 第4セット、7-6とリードした場面から5連続ポイントを奪われ逆転を許したが、その後は石川主将のサービスエースなどで1点差まで追い上げる。逆転を狙うが一歩届かず、そのままセットを奪われて敗れ、決勝進出はならなかった。

 

■バレーボールネーションズリーグ2023男子ファイナルラウンドポーランド大会

準決勝

日本 1–3 ポーランド

25-19,26-28,17-25,21-25

■日本の第1セットスターティングメンバー

山内、宮浦、髙橋藍、小野寺、関田、石川、リベロ山本

 

■日本のトップスコアラー(上位3人)

石川 22得点(アタック17得点、ブロック1得点、サーブ4得点)

髙橋藍 16得点(アタック12得点、ブロック1得点、サーブ3得点)

宮浦 13得点(アタック13得点)

 

■日本の次戦(ファイナルラウンド3位決定戦)

7月23日(日)現地時間17:00(日本時間 翌0:00

対戦相手:準決勝アメリカ(FIVBランキング3位)とイタリア(同2位)の敗者

 

※FIVBランキングは試合前時点

 

 

【関連記事】

男子日本代表 スロベニアにストレート勝利で初のVNL準決勝進出を決める 石川祐希主将が27得点

 

トップ選手は「勝って学びたい」!? 男子日本代表の躍進を生むプラスのマインドを福澤達哉に聞く

 

予選ラウンド最終戦はポーランドに敗れる 男子日本代表はVNLファイナルラウンドへ

 

【選手プロフィールなど掲載中!男子日本代表特設サイト】

 

【次ページ】男子日本代表その他の写真(スロベニア戦)

  • 男子日本代表応援サイト2024
  • 女子日本代表応援サイト2024
  • 北海道インターハイ2023
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn