gv-logo

春高2024

2023-24 V.LEAGUE DIVISION1 MEN(V1男子) パリ五輪決めた西田ら男子日本代表メンバーも登壇し開幕記者会見

  • V1
  • 2023.10.10

各チームの代表選手たちが今季の意気込みを語った【写真:月刊バレーボール】

 

 一般社団法人ジャパンバレーボールリーグ(JVL/旧:一般社団法人日本バレーボールリーグ機構)は、今週末、1014日(土)に開幕する2023-24 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN 記者会見を109日(月・祝)に実施。パリ五輪出場を決めたばかりの男子日本代表メンバーを含む、各チームの主将と中心選手らが登壇し、今季の意気込みを語った。

 

 昨季優勝したウルフドックス名古屋の小川智大は「夏から、チームは厳しい練習をスタートしています。そこに僕たち代表組が合流して、一丸となって連覇を目指します」。昨季準優勝に終わったサントリーサンバーズの大宅真樹主将は、「パリ五輪予選の試合を見て、バレーボールの素晴らしさを再確認しました。バレーボール選手としてVリーグの舞台に立てる喜びを胸に、王座奪還に挑みます」。昨季入替戦を制しV1昇格を決めたヴォレアス北海道の後藤万澄主将は、「V1で戦うために集まった選手たちのチームです。目標としていた晴れ舞台で、思い切り戦うだけです」と、それぞれの意気込みを語った

 

 前日(108日)まで行われていたFIVBパリ五輪予選/ワールドカップバレー2023に出場していた日本代表チームからは、ウルフドックス名古屋の小川のほか、小野寺太志(サントリーサンバーズ)、山内晶大、西田有志(パナソニックパンサーズ)、髙橋健太郎(東レアローズ)の5選手が登壇。男子日本代表オポジットの西田は、手違いで自分のユニフォームがなく山本智大のユニフォーム(13番)を着用して現れ「かなり小さくて恥ずかしいんですけど」と笑いを誘いながら、「期待される以上のパフォーマンスを発揮して、自分たちが目指しているのは優勝だけ」と力強く語った。

 

小野寺太志(サントリーサンバーズ)

 

 1014日(土)からスタートし、V・レギュラーラウンドは10チームによる4回戦総当たり方式で実施される2023-24 V.LEAGUE DIVISION1 MENV1男子)。来シーズンからの「S-V.LEAGUE」新設が決まり、旧方式最後のリーグとなる2023-24シーズンは、V・レギュラーラウンド上位6チームが、24323日(土)~31日(日)の「V・ファイナルステージ」に進むことになる。

 

 全10チームの開幕戦日程は以下のとおり。

 

1014日(土)

@大浜だいしんアリーナ(大阪府堺市)

12:10開始

日本製鉄堺ブレイザーズ(昨季4位)vs. 東レアローズ(昨季5位)

 

@スカイアリーナ(大阪府箕面市)

14:05開始

サントリーサンバーズ(昨季2位)vs. 東京グレートベアーズ(昨季8位)

 

1021日(土)

@国立代々木競技場第二体育館(東京都渋谷区)

15:05開始

東京グレートベアーズ vs. パナソニックパンサーズ(昨季3位)

 

@松本市総合体育館(長野県松本市)

14:00開始

VC長野トライデンツ(昨季9位)vs. 日本製鉄堺ブレイザーズ

 

@三島市民体育館(静岡県三島市)

14:00開始

東レアローズ vs. ヴォレアス北海道(V2優勝)

 

@エントリオ(愛知県稲沢市)

13:00開始

ウルフドッグス名古屋 vs. ジェイテクトSTINGS(昨季6位)

 

@エフピコアリーナふくやま(広島県福山市)

13:00開始

JTサンダーズ広島(昨季7位)vs. サントリーサンバーズ

 

 

【関連記事】

■サントリー 甲斐孝太郎と染野輝の内定を発表

■東レ男子 山田大貴ら3名の内定を発表

■ヴォレアス 昨シーズンに続き樫村大仁のサントリーからの期限付き移籍を発表

■東京GB 伊藤吏玖と後藤陸翔の加入を発表 

■VC長野 トレント・オデアの入団を発表

 

【次ページ】2023-24 V.LEAGUE DIVISION1 MEN 開幕記者会見その他の写真

  • 男子日本代表応援サイト2024
  • 女子日本代表応援サイト2024
  • 北海道インターハイ2023
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn