gv-logo

春高2024

福岡大附大濠高がインターハイ県予選に続く優勝か、東福岡高のリベンジか 激戦必至の福岡県春高予選決勝

  • 学生バレー
  • 2023.11.11

「2023 全日本バレーボール高校選手権大会福岡県大会」決勝が、1111日(土)に福岡市総合体育館(福岡)にて行われる。男子は福岡大附大濠高と東福岡高が対戦。今季の同カードの成績は、福岡大附大濠高が3戦全勝。集大成の舞台を前に、両校のここまでの歩みを振り返る

 

今夏、インターハイに出場した福岡大附大濠高

 

福岡大附大濠高10年ぶりのインターハイへ 多くの経験を積んだ夏


 福岡大附大濠高にとっては10年ぶりの夏の大舞台。身長201㎝の大砲、マサジェディ翔蓮(2年)は頭を悩ませていた。自身にとって、高校では初めての全国大会。2回戦の郡山北工高(福島)戦では、最後は自身のブロックでジュースをものにしたが、なかなかスパイクが決まらず、サーブでも精彩を欠いた。

 

「全国だから、というわけではないと思いますが、自分の中では決まっているはずのスパイクが決まらない。全力を出していますが、内気になっている部分があると思います。『(ブロックで)シャットされるのが怖い』という気持ちもありますし、負けたら終わりというプレッシャーもあるので。思いきり打てていません」

 

 その翌日の3回戦では鎮西高(熊本)にストレート勝ちするも、準々決勝で昇陽高(大阪)に敗れてインターハイを終えた。大会後には「緊張が原因だったのか。まだ解明できていないんですよね」と振り返ったが、「自分が成長していくうえでは非常に大切な経験でした」と言いきった。それは、県予選で宿敵を倒したからこそ抱けた思いだった。

 

 マサジェディと身長194㎝の中村玲央(2年)らによる高さのあるブロックがチームの持ち味。その下級生をエース山田大凱ら3年生が引っ張ってきた。1月の新人大会決勝では、東福岡高をフルセットの末に下し、7年ぶりに優勝。そして、5月のインターハイ県予選決勝では、山田の決定力の高いスパイクが光り、2-1で再びライバルを撃破した。福岡県代表の中心として出場した10月の国体では、2回戦で優勝した山口県(高川学園高単独チーム)に敗れたが、夏からさらに経験を積んだ。

 

頼りになるエース#2山田

 

 春高県予選決勝では、ライバル東福岡高と今季4度目のマッチアップ。山田が「ヒガシ(東福岡高)はいちばん近くにいるライバル」と語るように、常に高め合ってきた。山田脩造(ウルフドッグス名古屋)を擁した2011年以来の春高へ。ライバルを破り、集大成の舞台に進む。

 

【次ページ】東福岡高インターハイ出場を逃すも九州大会では意地の優勝

  • mcdavid_sekita
  • ザムスト×インターハイ2023インタビュー
  • 北海道インターハイ2023
  • NOBIRUNO
  • 男子日本代表応援サイト
  • 女子日本代表応援サイト
  • DESCENTE-2in1
  • ZAMST-ZK
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn