gv-logo

春高2024

全国中学生選抜の男女各12名が今年2月のイタリア遠征へ向けて合宿を実施

  • 日本代表
  • 2024.01.18

バレーボールの令和5年度全国中学生選抜(以下、全中選抜)の第二次合宿が1月11日から14日にかけて、味の素ナショナルトレーニングセンター(東京)で行われた。公益財団法人日本中学校体育連盟バレーボール競技部が毎年設けている強化育成事業で、昨年度の長身選手発掘育成合宿や昨年末のJOCジュニアオリンピックカップ全国都道府県対抗中学大会(以下、JOC杯)を元に選考。男女各12名の選抜メンバーが今年2月に海外遠征に臨む。

 

 

シニア日本代表が利用する施設で合宿に臨んだ全中選抜。写真は女子

 

【一覧】令和5年度全国中学生選抜/海外遠征メンバー

【ギャラリー】イタリアへ臨む若き日の丸戦士たち 第二次合宿の模様

 

合宿を終えてから遠征までにおける個々の取り組みが焦点

 

 男子は昨年、男子U16日本代表入りを果たし、JOC杯で最優秀選手賞に該当する「JOC・JVAカップ」を手にした岩田怜緯(中之口中〔新潟〕3年)がキャプテンを務める。岩田は昨年度に続く選抜入りであり、その経験を生かしたリーダーシップに期待が集まる。

 

 また、JOC杯の大会優秀選手に選ばれ、今回のメンバーでは唯一の2年生である田中洸(高山中〔鹿児島〕)は「まさか自分が入るとは、とびっくりしました。海外では全然通用しない部分もあるだろうと想像していますが、挑戦していきたい」と意欲をのぞかせた。

 

映像を用いて指導するスタッフの声に、熱心に耳を傾ける参加者たち

 

 今回の第二次合宿では通常の練習メニューのほかに、女子アンダーエイジカテゴリー日本代表が継続的に取り組んでいるボディコントロールの機会が設けられた。これは、自分の体の可動域などを確かめながら練習に取り組むもので、パフォーマンス向上につなげる効果がある。

 参加者たちは自身の体の硬い部分や制限されている可動域と向き合い、ストレッチ中には苦しげな表情も見られたが、「それを伸びしろととらえて、合宿を終えてからも個々で取り組めるか。それが本人の将来につながる第一歩です」と三石雅幸強化委員長(飯島中〔長野〕)は男子選手たちに期待を寄せた。

 

 

同世代をリードする岩田

 

昨年のU16日本代表経験者が同世代のフロントランナーに

 

 そうした自身の体との向き合い方を体得している面々がそろったのが今年度の全中選抜女子。12名のうち、JOC杯で次世代有望選手に選ばれた忠願寺莉桜(稙田南中〔大分〕3年)、工藤光莉(尾上中〔青森〕3年)、紅野花歩(八王子実践中〔東京〕3年)に加え、吉井美樹(忍岡中〔東京〕3年)の4人が女子U16日本代表経験者だ。

 なかでも忠願寺は同大会で「JOC・JVAカップ」を受賞し、全中選抜は昨年度に続いて2年連続での選出。「去年は自分が年下で後方からチームに関わる立場でしたが、今回は先頭に立つ意識で。すべての行動を自分から、と思って臨んでいます」と明かし、キャプテンに就いたとあって、合宿では参加者たちをリードする姿が見られた。

 

 

JOC杯では大分県選抜を決勝まで導いた忠願寺(左から2番目)がキャプテンシーを発揮する

 

 これまでの選考合宿などをまったく経験せずに今回の選抜入りとなった選手も複数いるだけに、忠願寺たちリーダーシップを執れる存在は大きい。女子を率いる青木慎太郎先生(品川学園中〔東京〕)は「とても頼もしいです。それにメンバーたちも明るくて、とても前向きな姿勢でこの選抜に臨んでくれています」と評価。今回の海外遠征の目的について、将来の日本代表へつながる育成と合わせて、「彼女たちがそれぞれの学校に戻ったときに、周りから『こうなりたい』と思ってもらえるような影響力のある選手になってほしい」と語った。

 

 

女子は下級生も複数入り、将来性十分な顔ぶれとなった

 

 昨年に続き、今年も遠征先はイタリア。男女とも現地で国際大会「Nations WINTER CUP」に出場し、ヨーロッパ圏を中心とした各国のU17代表チームと戦う。また、大会の直前には現地で男子は練習試合、また女子は現地のクラブイタリア(女子イタリア代表の育成組織として母国リーグのセリエAに参戦しているクラブチーム)の活動拠点にて合宿を行う予定とのこと。

 

(取材・写真/坂口功将)

 

【関連記事】

■女子は大阪北、男子は福岡が優勝【JOCジュニアオリンピックカップ】

■前回大会優勝の東京、開催地の大阪北などが準決勝に進出【JOCジュニアオリンピックカップ女子】

■前回優勝の東京を下した広島がベスト4進出【JOCジュニアオリンピックカップ男子】

■前回優勝の東京らが決勝トーナメントに進出【JOCジュニアオリンピックカップ男子】

■日本はアジアU16女子選手権大会初代チャンピオンに輝く 馬場柚希がMVP

 

【次ページ】令和5年度全国中学生選抜/海外遠征メンバー

  • mcdavid_sekita
  • ザムスト×インターハイ2023インタビュー
  • 北海道インターハイ2023
  • NOBIRUNO
  • 男子日本代表応援サイト
  • 女子日本代表応援サイト
  • DESCENTE-2in1
  • ZAMST-ZK
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn