gv-logo

日本代表応援サイト

眞鍋監督「ネーションズリーグ初戦からスタートダッシュをきる」 パリオリンピック出場に向けてバレーボール女子日本代表が会見

  • 日本代表
  • 2024.04.05

 女子日本代表【写真:月刊バレーボール】

 

 パリオリンピック出場が懸かるネーションズリーグ(VNL)に向けてバレーボール女子日本代表が45日、東京都内で会見を開き、国内合宿に参加する選手22名と眞鍋政義監督ら日本代表スタッフが参加した。

 

 翌月から開催されるVNLで結果を残すことがパリオリンピック出場に向けて必須となる。意気込みを聞かれた眞鍋監督は「まずはパリオリンピック出場権を獲得する。初戦の515日からスタートダッシュをきりたい」と思いを語った。

 今年のチームスローガンが「ONE TEAM  ONE DREAM」に決まったことも発表。チーム一丸でパリオリンピック出場をつかみにいく。

 

 昨秋のパリオリンピック予選で出場権を逃した女子日本代表。チームのどんな部分を底上げしたいかと聞かれた眞鍋監督は「昨年の反省からサーブレシーブなどのディフェンス、サーブ、20点以降の勝負どころでのパフォーマンス」と3つの要素を上げた。その言葉通り、会見後に行われた公開練習では選手たちのアップ後、真っ先にスパイクレシーブを練習。ディフェンス強化への意識が表れていた。

 

 チームを率いる古賀紗理那主将は「今年の最大の目標であるパリオリンピック出場に向けてチームとして戦っていきたい。自分も含めて全員が個々の能力を上げていく必要がある」と語った。

 初のイタリアリーグ、フィレンツェでのシーズンを終えた石川真佑は「高さがあるブロックに対して工夫のあるプレーを意識していた。昨シーズンよりも成長したプレーを出していきたい」と意気込みを語った。

 また、3年ぶりに日本代表へ復帰した黒後愛は「(代表に選出されて)うれしい気持ち、それに尽きます。出場機会も少なかったので、選ばれるのは難しいかなと思っていた。代表選出の連絡をもらったときには、即答で『行きます』と伝えた」と笑顔で語った。

 

■バレーボールネーションズリーグ2024福岡大会チケット情報 4月10日より先行販売で特別体験プランも

■主将は古賀紗理那、黒後愛が代表復帰 2024年度女子日本代表登録メンバー

■女子日本代表応援特設サイト

■JVAがエンブレムを刷新し新スローガンと中長期経営計画を発表 西田「シンプルでかつわかりやすい」

■男子日本代表 石川祐希が主将 デ・アルマス アライン、渡邉晃瑠、西本圭吾らが初選出

  • 男子日本代表応援サイト2024
  • 女子日本代表応援サイト2024
  • 北海道インターハイ2023
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn