gv-logo

定期購読
  • 春高2023-zamst広告
  • 春高2023SPORTSBULL

春高バレー月バレ便り

速い攻撃を制した鎮西が3回戦突破、エース舛本が試合をけん引【春高2023】

  • 2023.01.05

 

 

2023年1月4日(水)から1月8日(日)に東京体育館(渋谷区)で開催されている第75回全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高)。大会2日目となる5日(木)は男子2回戦を実施。優勝候補の鎮西(熊本)と、1日目の好カード・昇陽(大阪)戦を制し勝ち上がってきた松本国際(長野)が対戦した。

 

 

鎮西(熊本)

 

序盤、先にペースをつかんだのは松本国際だった。鎮西の絶対エース#3舛本颯真を、#7勝山裕太がブロックで止めると、そこから勢いに乗って速いトス回しとコンビネーションで得点を重ねていく。さらに、昇陽戦でも活躍した#2德留巧大がサービスエースを決めるなど、勢いを増す。

 

追う展開の鎮西は、エース#3舛本以外の得点がなかなか決まらずリズムがつかみきれず、松本国際の速い攻撃に翻弄される。しかし、6-12の大差がついた時点で、鎮西の畑野久雄監督が2回目のタイムアウトを取ると落ち着きを取り戻す。

 

#3舛本以外では初得点となる1点を#1平田悠真が決めて8-16。さらに#6井坂太郎がこの試合初のブレイクポイントを獲得し、10-17と反撃を始めた。立て直しを図った鎮西は、センターにしっかり1枚ブロックを付けてクイック攻撃に備えるなどして、最大9ポイントあった点差を20-21まで追い詰め、第1セット終盤は接戦の展開に。

 

先にセットポイントを取ったのは松本国際。しかし、松本国際エース#2德留のスパイクを鎮西#5荒谷柊馬がブロックし、デュースに持ち込む。すると直後、#3舛本のバックアタックでブレイクして逆転。25-24でセットポイントをつかんだ。松本国際#2德留にレフトからスパイクを打ち込まれ再度デュースになるも、同選手のサーブミスによって鎮西が再度セットポイントのチャンス。最後は#6井坂がレフトからキレのあるスパイクを決めて、27-25で接戦をもぎ取った。

 

続く2セット目は、流れをつかんだ鎮西が走る。松本国際はブロックを意識してなのか、トスが速すぎてコンビネーションが合わなかったり、コース長めに狙ったスパイクがアウトするなど攻撃ミスが出るが、リベロの#12福澤優弥が好レシーブなどで食らいつく展開。1セット目同様、両者譲らない均衡状態で20点台に突入するが、最後は#3舛本がレフトからクロス、ストレートと立て続けに決め、地力に勝った鎮西が25-23で接戦を勝ち取った。ストレート勝利を収めた鎮西高校は、6日(水)に行われる3回戦で東北(宮城)と対戦する。

 

【関連記事】

男子大会初日(1/4)の1回戦全20試合の結果【春高2023】

 

男子1回戦最注目カードの軍配は松本国際に、王者鎮西との2回戦へ【春高2023】

 

舛本颯真「日本一になって終わりたい」 厳しいゾーンを突破へ1ヵ月右ひざの回復に専念

 

【春の高校バレー2023特設サイトに行く】

 

【次ページ】鎮西(熊本)vs.松本国際(長野)その他の写真

CONTENTS

  • 熱血指導柳田将洋×岐阜成徳学園高
  • スポルティング×東山高
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn