gv-logo

定期購読
  • 春高2023SPORTSBULL

春高バレー月バレ便り

県予選決勝まであと一歩で涙。狭山ヶ丘高のエース菊地風香「逃げずに打ちきりました」【春高2023埼玉県予選】

  • 2022.11.16

 

 

 第75回全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高)の埼玉県予選男女最終日が、サイデン化学アリーナ(さいたま市記念総合体育館/埼玉県さいたま市)で11月13日(日)に行われた。その女子準決勝で涙を飲んだ狭山ヶ丘は、エースの菊地風香が最後まで腕を振り切った。

 

 

菊地風香(きくち・ふうか/狭山ヶ丘〔埼玉〕3年/身長175㎝/アウトサイドヒッター)

 

【画像】埼玉県予選男女準決勝フォトギャラリー(40枚)

 

手の甲にしるされた2つの文字とともに

 

 初の県大会優勝を目指した狭山ヶ丘。春日部共栄との準決勝では第1セットを先取されながらも、第2セットを奪い返す。セッターの埴岡真花那がセンターエリアやライト側の攻撃を絡めた組み立てで得点を演出するなど、「自分たちのかたち」(引地美果監督)から流れは手にしたかのように見えた。

 

 だが、第3セットは中盤以降でレシーブにほころびが生まれ、14-15から喫した4連続失点が痛手となり、準決勝敗退に終わった。そんな中、試合の終盤でボールが上がったのがエースの菊地風音だ。たとえ相手ブロックに捕まっても、力強くボールをたたく。それは、過去の自分を振り払う決意の表れだった。

「いつもの練習試合だと逃げていた場面でした。けれども、“今日は絶対に逃げない”と決めていましたし、ここで自分が逃げ出したら絶対に後悔が残ると思ったので。最後まで打ちきる気持ちでプレーしていました」

 

 メンタルの弱さは自覚していた。落ち込んでしまうと、チームが喜びたい場面でも、うまく感情が出せない。そんなエースを見捨てずに、周りは背中を押し続けた。

 

 

相手ブロックにつかまろうとも、強い気持ちを貫いた

 

 大会最終日、菊地の両手の甲にはマジックで文字が書かれていた。左手は、初の優勝を目指す「勝」。そして右手はキャプテンが「みんなのことを信じているから」という思いを込めて、「信」としるした。菊地は言う。

 「劣勢になった場面も、この手を見て『絶対に勝ちきるんだ』。そして私も『フォローがいる』と信じて、打ちきることができました」

 

 目標には届かなかった。それでも、エースの思いとチームワークは、最後までコート上で光り輝いていた。

 

 

試合後、思いがあふれ出た

 

(文・写真/坂口功将〔編集部〕)

 

■女子準決勝結果

春日部共栄 2-1 狭山ヶ丘

(25-22, 20-25, 25-20)

細田学園 2-0 正智深谷

(25-7, 25-14)

 

【関連記事】

女子は細田学園が逆転勝ち エース渡曾凪紗が26得点の活躍【春高2023埼玉県予選】

 

男子は昌平が2年ぶり優勝「自分たちの可能性を信じて」と掛川監督のゲキに応える【春高2023埼玉県予選】

 

男子は足利大附、女子は宇都宮中央女・宇都宮中央が優勝【春高2023栃木県予選】

 

【春の高校バレー2023特設サイトに行く】

 

【次ページ】埼玉県予選男女準決勝フォトギャラリー(40枚)

CONTENTS

pagetopbtn