gv-logo

定期購読

インターハイ2022月バレ便り

【四国インターハイ2022】金蘭会が全国の頂点に! 2度目の制覇! 古川学園を3-0で下し、優勝を果たす

  • 2022.08.01

 

 

 

 

エース#5上村に頼らない全員バレーで金蘭会が古川学園を撃破

8月1日、「令和4年度全国高等学校総合体育大会バレーボール競技大会(インターハイ2022)」大会4日目、女子決勝、金蘭会(大阪[1])は古川学園(宮城)と対戦。金蘭会が古川学園にストレートで勝利し、8年ぶり2度目の優勝を決めた。

 

【表】四国インターハイ2022「女子決勝トーナメント表」をチェック

 

初得点は、古川学園の#4阿部明音。ライトから鋭いスパイクを決めると、次は金蘭会#1西村美波がレフトから決めて1-1とする。その後、古川学園にミスが出たのに対し、金蘭会は#6井上未唯奈、#5上村杏菜らが着実に攻撃を決めて、9-4とリードを広げる。

 

古川学園は#4阿部や#10南舘らが得点していくも、金蘭会のサーブで崩されて思うように攻撃できない。中盤以降も点差を詰めることができない古川学園に対し、金蘭会は#5上村1人に頼らない多彩な攻撃で、得点を重ねていく。最後は#1西村がレフトからスパイクを決めた金蘭会が25-17で第1セットを先取した。

 

第2セットも、序盤から少しずつ金蘭会がリードを奪っていく展開に。金蘭会は#1西村のバックアタックや#8佐藤彩音の速いスパイクなど自在に攻撃。一方の古川学園も#1高*橋陽果里や#9今欄月那の攻撃でポイントを重ねていくが、連続得点できず、常に金蘭会が1・2ポイント先行する形で中盤へ。

 

髙*=「高」の異字体(はしごだか)

 

途中、金蘭会のミス、古川学園のサービスエースなどで13-12と古川学園が逆転する場面も見られたが、17-16と古川学園が1点リードの場面で金蘭会にブロックポイントが飛びし、17-17と同点に。続けて金蘭会#1西村がスパイクを決め18-16の2点差にすると、古川学園にミスが出て3点差に。それでもセット終盤に金蘭会にスパイクミスなどが出て、古川学園は22-22と追いついて粘りを見せる。しかし、25-25の場面で古川学園#2タピア・アロンドラのスパイクがアウトになると、次の場面でも古川学園の攻撃は決まらず。レシーブを拾ってつないだボールを#1西村がきっちり決めて27点目を奪取。最後まで高い集中力を保った金蘭会が2セットを連取した。

 

 

第3セット、後がなくなった古川学園は#2タピアのブロックポイントなどで一気に3-0とリード。第1・第2セットとなかなか活躍できなかった#2タピアの攻撃が決まるようになり、リードを保って中盤へ。

 

少しミスが増えたものの慌てた様子は見られなかった金蘭会は、#6井上のクイックや#5上村の力強いスパイク、#1西村のスパイクなどで古川学園を追いかける。そして、古川学園13-10とリードしたところで古川学園のサーブがアウトになると、次の場面から金蘭会は相手の攻撃をレシーブで拾い攻撃につなげて5連続得点に成功。15-13と一気に逆転。古川学園は#2タピアのスパイクがなかなか決まらず苦しい展開となるが、それでもブロックポイントなどで18-18と同点に追いついて意地を見せる。ここから連続得点したい古川学園だったが、金蘭会#5上村がレフトから強烈なスパイクを叩き込み19-18とすると、古川学園のスパイクが3本連続でミスとなり、金蘭会が22-18とリード。これが決定的となり、点差は最後まで縮まらず。金蘭会が第3セットも25-22でものにしてストレート勝ち。大会を通じてわずか1セットしか落とさず、8年ぶり2度目の優勝を果たした。

 

「四国インターハイ2022」特設ページはこちらをクリック!!

 

【関連記事】

【四国インターハイ2022】古川学園がリベンジ! 前回大会優勝の下北沢成徳をストレートで下し、決勝へ進出

 

【四国インターハイ2022】本日(8/1)女王が誕生! ベスト4チームの注目ポイント

CONTENTS

インターハイ2022トップに戻る

インターハイバックナンバー

pagetopbtn