gv-logo

定期購読

【春高バレー2023プレビュー/東山(京都)特集】今季から一新したユニフォームで新時代を切り開け vol.4/PLAYER’S VOICE③

  • 高校生
  • 2022.12.15

 

チームの象徴ともいえるユニフォームを、今季スポルディングに一新した東山(京都)は、インターハイで初優勝に輝いた。新時代を築く決意を胸に、春高では高校二冠を狙う

 

春高バレー2023プレビュー/東山(京都)特集 vol.1/松永理生監督 から読む

春高バレー2023プレビュー/東山(京都)特集 vol.2/PLAYER’S VOICE① から読む

春高バレー2023プレビュー/東山(京都)特集 vol.3/PLAYER’S VOICE② から読む

春高バレー2023プレビュー/東山(京都)特集 vol.5/PLAYER’S VOICE④ から読む

 

肩周りがひっかからずスムーズなトスに

 

 インターハイで優勝することができて「東山といえばこのユニフォーム」というイメージを広める第一歩になりました。自分たちの代からこのユニフォームを着ることになり、新しく歴史をつくる一員になれてすごくうれしいです。写真を見ても「自分に似合っているな」と思いますし、すごく愛着が出てきました。

 

 プレーをしていて肩周りが引っかからないので、セッターとしてはスムーズにトスを上げやすいです。ズボンに関しても、ジャンプする際にスムーズに動作することができる印象があります。練習や移動の際に着ているウェアも、シンプルなデザインでお気に入りです。

 

 国体で5位に終わり、三冠という最大の目標がかなえられなくなりましたが、3年生は春高を取るために懸けています。どこの3年生にも負けない気持ちで挑みたいです。

 

 

春高バレー2023プレビュー/東山(京都)特集 vol.1/松永理生監督 を読む

春高バレー2023プレビュー/東山(京都)特集 vol.2/PLAYER’S VOICE① を読む

春高バレー2023プレビュー/東山(京都)特集 vol.3/PLAYER’S VOICE② を読む

春高バレー2023プレビュー/東山(京都)特集 vol.5/PLAYER’S VOICE④ を読む

 

(月刊バレーボール)

  • 熱血指導柳田将洋×岐阜成徳学園高
  • スポルティング×東山高
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn