gv-logo

定期購読

【春高バレー2023プレビュー/東山(京都)特集】今季から一新したユニフォームで新時代を切り開け vol.3/PLAYER’S VOICE②

  • 高校生
  • 2022.12.15

 

チームの象徴ともいえるユニフォームを、今季スポルディングに一新した東山(京都)は、インターハイで初優勝に輝いた。新時代を築く決意を胸に、春高では高校二冠を狙う

 

春高バレー2023プレビュー/東山(京都)特集 vol.1/松永理生監督 から読む

春高バレー2023プレビュー/東山(京都)特集 vol.2/PLAYER’S VOICE① から読む

春高バレー2023プレビュー/東山(京都)特集 vol.4/PLAYER’S VOICE③ から読む

春高バレー2023プレビュー/東山(京都)特集 vol.5/PLAYER’S VOICE④ から読む

 

リベロとしてうれしい滑りやすさ

 

 新しい東山の「お祭り感」というか、明るい感じがユニフォームに表れていると思います。

 

 リベロとしてはどんな体育館でスライディングをしても、生地が滑りやくすくて、ありがたいです。しかも、生地に伸縮性があって、離れたところに飛んだボールも捕りにいきやすいです。また、素材が軽く、しっかりと汗を吸ってくれる印象もあります。

 

 練習着のTシャツはサラサラとした着心地で、それこそ滑りやすい。胸のロゴは、ものによってはスライディングするときに床にひっかかってしまうことがありますが、これはためらわずに滑ることができます。

 

 昨年の春高は負けてしまいましたが、やっぱり最後は笑って終わりたいです。すべてのプレーが崩れてしまうので、キャプテン、そしてリベロとして、チームのために1本目のレシーブを大事にしたいです。

 

 

春高バレー2023プレビュー/東山(京都)特集 vol.1/松永理生監督 を読む

春高バレー2023プレビュー/東山(京都)特集 vol.2/PLAYER’S VOICE① を読む

春高バレー2023プレビュー/東山(京都)特集 vol.4/PLAYER’S VOICE③ を読む

春高バレー2023プレビュー/東山(京都)特集 vol.5/PLAYER’S VOICE④ を読む

 

(月刊バレーボール)

  • 熱血指導柳田将洋×岐阜成徳学園高
  • スポルティング×東山高
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn