gv-logo

予選R最終週 全勝の久光とJT、埼玉上尾とNECがファイナルR進出へ優勢か【V Cup見どころ】

  • V1
  • 2021.03.19

■デンソーが底力を発揮しファイナルラウンドへ駒を進めるか。後がない岡山は地力を見せたい

 ここまで2勝1敗のデンソー、そして2勝2敗の岡山も、何とかファイナルラウンド進出への望みを繋いでいる状況。

 

 特に岡山は、ポイント(※1)の関係で、JTが1勝した時点でファイナルラウンドへの道が経たれるという後がない状況だが、構えず力を出し切り、予選ラウンド最終戦となるデンソー戦を勝利で締めくくりたいところ。スピーディーなバレーで相手の隙をつき、流れをものにできるか。堅実な守備とキレのある攻撃で“粘り強さ”の要となり、チームの先頭に立って若手選手たちを支える金田修佳の活躍にも期待がかかる。

  

 また、デンソーもファイナルラウンド進出へ向け、今週が最後の山場となる。久光、岡山との連戦をものにし、ファイナルラウンドへ駒を進めることができるか。Aグループでトップの効果率をマークしているサーブで相手を揺さぶり、序盤から攻めの姿勢を貫きたいところ。技巧派のアウトサイドヒッター陣をはじめ、横田真未や大竹里歩ら、高い決定力やブロックでチームを勢い付けるミドルブロッカーの存在感にも注目したい。

 

※1:予選ラウンドの順位は、勝利数が多いチームを上位とする。2チームまたはそれ以上のチームの勝利数が並んだ場合は、ポイントの高いチーム、ポイントも並んだ場合はセット率の高いチーム、セット率も同率の場合は得点率の高いチームを上位とする。なお、得点率も同率となった場合は、当該チーム間での計算を行い、勝利数、ポイント、セット率、得点率の順で上位チームを決める。

 

■いまだ勝ち星がないトヨタ車体と姫路。リーグ最終戦で勝利なるか

 ここまで、フルセットには持ち込むもののあと一歩勝利をつかみきれないトヨタ車体と、ストレート負けの厳しい試合が続く姫路。トヨタ車体は今週、その姫路とリーグ最終戦を戦い、姫路は、トヨタ車体とJTとの連戦を控えている。

 

 渡邊彩やインドレ・ソロカイテらリーグでも主力で活躍した選手を擁しながらも、なかなか勝負をものにできないトヨタ車体。サーブレシーブが乱れた場面からでも攻撃を仕掛けていけるよう、二段トスの精度を安定させていけるかも勝利へのカギを握る。その中で、ミドルブロッカーやバックアタックを絡めたコンビネーションの質も高めていけるか。姫路戦で「V Cup」初勝利をあげ、V・チャレンジマッチ(入替戦)への自信につなげたいところ。

 

 決定力のあるミドルブロッカー長野有紗や、リベロとしてチームをバックから支える花井萌里らが、その堅実なプレーで貢献している姫路。V1参戦2シーズン目の姫路は勝ち星こそ遠いリーグであったが、これまでのリーグを通して選手各々が手ごたえを感じている部分もあるはず。その手ごたえを今週にぶつけ、勝利への執念を見せつけられるか。トヨタ車体とは、V・ファイナルラウンドの9位-12位決定戦でフルセットの末に勝利し、何とかV・チャレンジマッチ進出を免れた因縁がある。今回はどちらに軍配が上がるか、火花散らす戦いの行方をお見逃しなく。

 

ミドルブロッカーの横田真未(デンソー)【写真:月刊バレーボール】

  • インターハイ2021

pagetopbtn