gv-logo

NBP ONLINESHOP

男子U23アジア選手権/スリランカ下し4位以上確定

  • アンダーカテゴリー
  • 2019.08.10

 日(土)~11日(日)までネーピードー(ミャンマー)で開催されている『第回アジアU23男子選手権大会』。日本はそのクオーターファイナルラウンド(1-8位)でスリランカと対戦し、セットカウント3-0で勝利を飾った。なお、戦評は以下の通り。

【photo:AVC】

     

男子U23代表

 

 日本のスターティングメンバーは、牧山祐介、大塚達宣、佐藤駿一郎、宮浦健人、新井雄大、村山豪、リベロは堀江友裕。

 

 第1セット、序盤はサイドアウトの奪い合いとなるも、宮浦や新井のスパイクで8-7と日本が一歩リード。中盤も接戦が続く中、村山のブロックで19-17とし日本リードで試合は進んだ。終盤、渡邉晃瑠をブロック強化のために投入した日本。最後は相手の連続スパイクミスでセットを奪取した。

     

 第2セット、日本は第1セットと同じメンバーでスタート。序盤、村山のブロックや宮浦のサービスエース、新井のパイプ攻撃などが決まり8-6。その後も村山の技ありのクイック、宮浦の連続サービスエースなどで16-11と日本が大きくリードを奪った。終盤、新井のサービスエースで19-11とすると、流れをつかんだ日本は佐藤のブロックや相手ミスでさらに勢いづき、最後は宮浦の得点でセットを連取した。

 

 第3セット、佐藤のブロックや大塚のバックアタックで4-0、村山のクイックで8-3と好スタートを切った日本。そこから村山に代わってコートに立った梅本鈴太郎のクイックも冴え11-4と相手に大差をつけた。中盤も、新井に代わった小澤宙輝がスパイクやブロックで活躍を見せ16-9。終盤、20-13と大きく点差を引き離した日本は梅本のブロックや渡邉のサービスエースでマッチポイントを握った。すると、最後も渡邉のバックアタックが炸裂。日本が25-14で勝利しセミファイナルラウンド進出を決めた。

 

 なお、この結果日本はセミファイナルラウンド(1-4位)へ進出。次戦は、現地時間の8月10日(土)16:00から、チャイニーズタイペイと戦う。(日程の詳細はこちら

      

<試合結果>

日本 3(25-21,25-16,25-14)0 スリランカ

好レシーブで支える堀江
主将としても奮闘する新井
高さのあるクイックやブロックで活躍する村山


  • 東海大札幌高
  • インターハイ2019
  • 全国専門学校選手権2019
  • 日本航空高
  • ミズノWAVE LIGHTNING-Z5
  • 関東高等学校バレーボール選手権2019

pagetopbtn