gv-logo

NBP ONLINESHOP

アジア女子選手権/オーストラリアに大差で勝利

  • アンダーカテゴリー
  • 2019.08.20

 18日(日)~25日(日)までソウル(韓国)で開催されている『第20回アジア女子選手権大会』。20日(火)、日本は予選リーグ最終戦でオーストラリアと対戦。セットカウント3-0で勝利を飾った。なお、戦評は以下の通り。

【photo:AVC】

            

 

 今大会、U20世界選手権優勝メンバーほか2020年以降も見据えたチームで挑む日本。スターティングメンバーは、松井珠己、長内美和子、山田二千華、曽我啓菜、石川真佑、平山詩嫣、リベロは西村弥菜美。

 

 第1セット、立ち上がりはサイドアウトの応酬に。その中、長内のブロックや石川のサービスエースで日本が抜け出すと、松井のサーブで相手を崩し連続得点。日本が12-7とリードした。中盤以降も、曽我のサーブを起点にブロックが機能し、相手のミスも出て9連続得点。勢いに乗った日本がセットを先取した。

 

 第2セット、セッター松井以外のメンバーを全員入れ替えてスタートした日本。西川有喜の活躍でリードを奪うと、吉野優理のスパイクや入澤まいのブロック、大﨑琴未のサービスエースで日本が点差を広げた。中盤、ミスを連発し相手に詰め寄られたものの、終盤にも大﨑のサービスエースが出ると流れに乗った日本がセットを連取した。

     

 第3セット、松井のサーブで相手を崩し、相手にミスも出て6-1と日本がリード。吉野や入澤の活躍もあり11-3と日本が差を広げると、さらに大﨑のブロックや西川のスパイクが決まり、吉野の3連続得点で24-8と日本が大きくリードを奪った。最後は西川のサービスエースでゲームセット。日本は予選リーグ戦を全勝で終えた。

 

 日本の次戦は現地時間の22日(木)、2次リーグにてD2位のチームと戦う

            

<試合結果>

日本 3(25-11,25-21,25-8)0 オーストラリア

 

 

入澤も高さを生かし躍動
トスやサーブで貢献した松井
得点を重ねた吉野


  • ミズノREDFORJAPAN
  • ミズノママさん限定プレゼントキャンペーン
  • 東海大札幌高
  • インターハイ2019
  • 全国専門学校選手権2019
  • 日本航空高
  • ミズノWAVE LIGHTNING-Z5
  • 関東高等学校バレーボール選手権2019

pagetopbtn