gv-logo

アシックスV-Swift

アジア男子選手権/2次ラウンドでパキスタンに快勝

  • 全日本
  • 2019.09.19

   

 9月13日(金)からテヘラン(イラン)で開催され、男子日本代表が出場している「第20回 アジア男子バレーボール選手権大会」。ワールドカップバレーの前哨戦ともいえる重要な大会だ。

 17日(火)、日本は2次ラウンド(1-8位)でパキスタンと対戦。17日終了時点で大会ベストサーバー1位に君臨する西田有志がチーム最多の16得点をマークするなど奮闘。見事セットカウント3-0で勝利し、通算戦績を4勝0敗とした。負けなしでメダル獲得へと突き進む男子日本代表の活躍から、引き続き目が離せない。なお、戦評は以下の通り。

 日本の次戦は18日(水)、2次ラウンド2戦目で韓国と戦う。大会詳細は日本バレーボール協会のホームページにてご確認を。

【写真:AVC】

 

 

 日本のスターティングメンバーは、福澤達哉、小野寺太志、西田有志、柳田将洋、山内晶大、藤井直伸、リベロは山本智大。

      

 第1セット、立ち上がりはミスが続いたが、西田の得点や福澤のパイプ攻撃も決まって4-4。そこから相手のサーブで崩されミスで失点した日本は、5-8と再びリードを許した。中盤、山内のサービスエースなどで追いついたが、その後もリードされては追いつく展開を繰り返して19-19。ここで西田が決めて20-19と一歩リードを奪うと、途中出場の石川祐希が得点し23-21。最後は福澤のポイントで日本がセットをものにした。

 

  2 セット競り合いながらも日本が先行する展開。柳田や山内のスパイ ク、小野寺のブロックなどで8-7とし、福澤のブロックや柳田のサービスエースで日本は徐々にリードを広げた。終盤、清水邦広と関田誠大を投入すると、その清水が決めて22-18。最後は西田が豪快に打ち込んで日本がセットを連取した。

 

 第 3 セットメンバーは最初と変わらず。このセットも、柳田のスパイクや山内の活躍で8-5と序盤からリードを奪った日本。西田も確実に決めて12-8とすると、パキスタンはタイムアウトを要求した。さらに相手のミスや小野寺のブロックで20-11。その後は髙野直哉と清水がコートへ。マッチポイントからは連続失点したものの、最後は相手のスパイクミスで勝利。見事ストレート勝利を飾った。

 

試合結果

日本 3(25-23,25-20,25-21)0 パキスタン

       

全勝をキープした日本
この試合、スタートからコートに立ったセッター藤井

【第20回アジア男子バレーボール選手権大会 出場選手】

3 藤井直伸(東レアローズ)/183センチ/セッター

4 清水邦広(パナソニックパンサーズ)/193センチ/オポジット

5 福澤達哉(パナソニックパンサーズ)/189センチ/アウトサイドヒッター

6 山内晶大(パナソニックパンサーズ)/204センチ/ミドルブロッカー

⑧ 柳田将洋(ユナイテッド・バレーズ<ドイツ>)/186センチ/アウトサイドヒッター

10 古賀太一郎(ウルフドッグス名古屋)/170センチ/リベロ

11 西田有志(ジェイテクトSTINGS)/186センチ/オポジット

12 関田誠大(堺ブレイザーズ)/175センチ/セッター

13 髙野直哉(堺ブレイザーズ)/190センチ/アウトサイドヒッター

14 石川祐希(キオエネ・パトバ<イタリア>)/191センチ/アウトサイドヒッター

15 李 博(東レアローズ)/193センチ/ミドルブロッカー

16 髙橋健太郎(東レアローズ)/201センチ/ミドルブロッカー

18 山本智大(堺ブレイザーズ)/171センチ/リベロ

20 小野寺太志(JTサンダーズ)/201センチ/ミドルブロッカー

※表記は、氏名/(所属)/身長/ポジション


  • デサントプレゼントキャンペーンFW
  • macdavid
  • 全国専門学校選手権2019

pagetopbtn