gv-logo

NBP ONLINESHOP

【男子世界バレー】決勝のカードはブラジルvs.ポーランド

  • 海外ニュース
  • 2018.09.30

 『男子世界バレー2018』は現地9月29日、トリノ(イタリア)にてセミファイナルが行われ、ブラジルがセルビアを圧倒、ポーランドがアメリカとの死闘を制し、ファイナル進出を決めた。

ポーランドのクビアク(右)とアメリカのアンダーソンによる、極上の空中戦

≪セミファイナル≫

ブラジルのルーカス(コート奥)は要所で得点し、攻撃のアクセントに

ブラジル 3(25-22,25-21,25-22)0 セルビア

 序盤からセルビアはブロックがはまらず、ブラジルの多彩な攻撃に受け身に。ブラジルはドウグラス・ソウザが要所で得点し第1セットを取ると、第2セットでは主将でセッターのブルーノ・レゼンデのトスワークが冴える。マウリシオ・ソウザやルーカス・サートカンプのクイックが決まり、セットを連取する。

 

 セルビアはウロス・コバチェビッチが得点しチームを率いるも、エースのアレクサンダル・アタナシエビッチが決定率を上げられず。ブラジルがストレート勝ちを収めた。

 

 試合後、セルビアのマルコ・イボビッチは「難しい試合だった」と表情に影を落とした。一方のレゼンデも「とにかく今は休みたいよ」と笑い、「決勝ではさらに集中して戦う、それだけだ」と意気込んだ。

 

セルビアのニコラ・ヨボビッチ(中央)の組み立ても力及ばず

+++++++++++++++++++++++

ポーランドのクレク(コート奥)が3枚ブロックを打ち破る

ポーランド 3(25-22,20-25,23-25,25-20,15-11)2 アメリカ

 堅守のポーランドに対し、豊富な攻撃陣をそろえるアメリカ。ともに持ち味を発揮する中で、ポーランドはバルトシュ・クレクが決定機での仕事を果たし、攻撃でのリズムを作る。

 

 対するアメリカもマシュー・アンダーソンやアーロン・ラッセルが強烈なスパイクで相手ブロックをこじ開け、また、ベテランのデービッド・スミスが安定感を見せる。

 

 フルセットとなった死闘は、最終セット、アメリカのアンダーソンのミスが目立ち、ポーランド優勢に。クレクがアメリカのブロックを粉砕すると、決めたのはやはりこの男、闘将ミハウ・クビアクがきっちりと得点。最終セットでつねに先行したポーランドが、2大会連続のファイナル進出を決めた。

 

アメリカはファイナル進出に王手をかけながら、最後に失速

 

≪ファイナル 組み合わせ≫現地30日

ブラジルvs.ポーランド

≪3位決定戦≫※同日開催

セルビアvs.アメリカ

 

世界バレーはいよいよ女子日本大会開幕!!

直前特集掲載の『月刊バレーボール10月号』は大好評発売中!!

お求めはこちら→http://shop.nbp.ne.jp/shopdetail/000000001187/


  • ミズノREDFORJAPAN
  • ミズノママさん限定プレゼントキャンペーン
  • 東海大札幌高
  • インターハイ2019
  • 全国専門学校選手権2019
  • 日本航空高
  • ミズノWAVE LIGHTNING-Z5
  • 関東高等学校バレーボール選手権2019

pagetopbtn