gv-logo

NBP ONLINESHOP

【セリエA】[第13節]ペルージャが前半戦を首位ターン

  • 海外ニュース
  • 2018.12.27

 ボンジョールノ! 世界最高峰リーグの模様をゲームラウンドごとにお届けする『WEEKLY SERIE A』。クリスマスを前にリーグ戦は前半が終了。上位3チームが成績を11勝2敗と同じくするも、首位で折り返すは昨年度王者のペルージャ! 戦いは後半戦へと移ります…!(Photo:Legavolley.it)

 

■“サンタ”ナシエビッチが大活躍。ペルージャ、連覇へまっしぐら!

[MATCH OF THE ROUND]

ペルージャ 3(25-20,25-20,25-13)0 ミラノ

 昨年度王者のペルージャは前半最終戦でホームにミラノをむかえた。この日はアレクサンダル・アタナシエビッチ(セルビア)が4本のサービスエースを含む17得点をあげ、チームをリード。ウィルフレド・レオン(元キューバ)が11得点と続き、ストレート勝利を収めた。

 試合後にはサンタクロースの帽子を被って喜ぶとともに、ファンに白星をプレゼントしたペルージャの選手たち。首位で折り返した今季はレオンがチーム最多247得点、アタナシエビッチが218得点と世界トップのアタッカーである両雄の活躍が光る。昨シーズンは初優勝を遂げ、次に狙うはもちろんリーグ連覇だ。

クリスマス仕様で喜ぶ“ブロックデビルズ”ペルージャ

++++++++++++++++++++

ラヴェンナ 3(22-25,25-23,18-25,25-19,19-17)2 シエナ

 ラヴェンナは今季のセリエA前半戦を沸かせた一人カミル・リチリッチ(ルクセンブルク)がこの試合最多24得点、ロベルト・ルッソ(イタリア)が3本のブロックポイントをマークし、フルセットを制した。対するシエナはフェルナンド・エルナンデス(キューバ)が21得点、全日本の石川祐希が14得点と続いたが、最後の最後で取りきれず。

リチリッチ(奥)と、エルナンデスの一騎打ち

 

トレンティーノ 3(22-25,25-20,21-25,38-36,15-8)1 モンツァ

 モンツァはオレイ・プロトニスキー(ウクライナ)が6本のサービスエースを奪うなど、世界クラブ王者に肉薄。が、王手をかけた第4セットは大接戦の末に落とすと、最後は力尽きた。アーロン・ラッセル(アメリカ)がチーム最多20得点をあげたトレンティーノが勝利で前半戦を終了。


トレンティーノのシモーネ・ジャネッリ(左から2番目)がコンビを組み立てる

 

ラティーナ 3(20-25,25-23,25-21,25-23)1 パドヴァ

 “アメージング・トリックスター”イアルバン・ヌガペト(フランス)の弟、スワン・ヌガペト(フランス)が5本のサービスエース、3本のブロックポイントを含む27得点の大車輪の活躍を見せ、ラティーナが勝利した。後半戦の巻き返しの中で、この男がアメージングな展開へといざなう!?

スパイクを打ち込むラティーナのヌガペト(コート奥中央)

 

ルーべ 3(25-14,25-23,25-20)0 ヴァレンティア

 ルーべはオスマニー・ユアントレーナ(イタリア)の最多17得点のほか、まんべんなく攻撃を展開し、さらりとストレート勝ち。後半戦に向けて、潤沢なアタッカー陣をさらに成熟させていく。

指揮をとってまもないルーべのフェルディナンド・デジョルジ監督(手前)

 

ソラ 3(21-25,27-25,25-22,25-18)1 グロッテ

 第1セットを先取したグロッテ、さぁ、前半戦初勝利に向けて突き進め! といきたかったが、モジダバ・ミルザジャンプール(モロッコ)の最多21得点もむなしく逆転負け。0勝13敗で後半戦へ進むことになった。対するソラはドゥシャン・ペトコビッチ(セルビア)が31得点と大暴れした。

グロッテのミルザジャンプールは気を吐く

 

モデナ 3(26-24,24-26,25-23,25-21)1 ヴェローナ

 前節からマテイ・カジースキ(ブルガリア)という駒が増え、ステファン・ボワイエ(フランス)とともに攻撃が厚くなったヴェローナ。しかし、この日はモデナがティネ・ウルナウト(スロベニア)が5本、マックスウェル・ホルト(アメリカ)とシモーネ・アンザーニ(イタリア)がともに3本のブロックポイントをマークするなど、相手の攻撃を封じ込める。ウルナウトが最多21得点をあげたモデナが前半戦を白星で終えた。

バックアタックに入るモデナのウルナウト(コート奥左から3番目)

 

セリエA男子 レギュラーシーズン順位(round13終了時)》

1 ペルージャ 11勝2敗(勝ち点34)-

2 トレンティーノ 11勝2敗(勝ち点32)-

3 ルーべ 11勝2敗(勝ち点30)-

4 モデナ 10勝3敗(勝ち点29)-

5 ミラノ 6勝7敗(勝ち点21)-

6 モンツァ 7勝6敗(勝ち点20)-

7 ヴェローナ 7勝6敗(勝ち点18)-

8 パドヴァ 6勝7敗(勝ち点18)-

9 ラヴェンナ 6勝7敗(勝ち点17)-

10 ラティーナ 6勝7(勝ち点16)▲

11 ヴァレンティア 4勝10敗(勝ち点14)▼

12 ソラ 5勝8敗(勝ち点13)-

13 シエナ 2勝12敗(勝ち点10)-

14 グロッテ 0勝13敗(勝ち点4)-

※勝敗(勝ち点)。記号は前節からの順位推移


  • 東海大札幌高
  • インターハイ2019
  • 全国専門学校選手権2019
  • 日本航空高
  • ミズノWAVE LIGHTNING-Z5
  • 関東高等学校バレーボール選手権2019

pagetopbtn