gv-logo

NBP ONLINESHOP

JOC杯/ミニstory『笑顔の理由』

  • 中学生
  • 2019.01.23

 昨年末に開催された『JOCジュニアオリンピックカップ第32回全国都道府県対抗中学大会』(JOC杯)。発売中の「月刊バレーボール2月号」では総力特集をお届けしているが、本誌に載せきれなかったトピックスを月バレ.comにて公開!

 

■南 陽菜(福岡)『笑顔の理由』

最後まで笑顔を貫いた福岡県選抜

 

 12月28日(金)、女子決勝は東京都選抜が優勝に輝いた。敗れた福岡県選抜だったが、試合後、キャプテンの南陽菜(福岡女学院中3年)の表情は晴れやかだった。

 

「悔いはありません。みんながずっと笑顔で戦って、やってきたことを全部出し切れたので」と開口一番に語った。

 

 決勝戦の相手が、自分たちよりも身長が高いのは明らかだった。南主将は「やる気と根性だけで戦うしかない!」とチームを鼓舞したという。実際に高さと攻撃力を前に完敗を喫したのだが、エースの佐村真唯(上毛中3年)や折立湖雪(千代中3年)が得点し、その彼女たちにつなぐために全員で、懸命にボールを拾い上げた。県選抜の活動期間中に鍛え上げられたディフェンス力は、何よりも大会本番で決勝戦までたどり着いたことが証明していた。

 

キャプテンと司令塔の二役をまっとうした南(中央)

 

 そして、もう一つ。南主将には今回のJOC杯で達成したことがあった。所属するチームでは主にリベロを務めていたが、県選抜では「夢だった」というセッターに就き、トスを上げたのだ。

 

 「セッターだと、サーブで攻めることもできますし、攻撃もできる。得点することでチームに貢献できる、その楽しみがありました。セッターをやれて、よかったです!」

 

 中学生生活の集大成となった晴れ舞台で、チームとしても個人としても達成感を得ることができた。だから、彼女は笑って大会を終えられたのだ。

 

JOC杯の総力特集は

『月刊バレーボール』2月号に掲載!!

お求めはコチラから


  • 東海大札幌高
  • インターハイ2019
  • 全国専門学校選手権2019
  • 日本航空高
  • ミズノWAVE LIGHTNING-Z5
  • 関東高等学校バレーボール選手権2019

pagetopbtn