gv-logo

NBP ONLINESHOP

VNL2019女子/前日記者会見。中田監督「いい戦いを」

  • 全日本女子
  • 2019.06.10

 6月10日(月)、『FIVBネーションズリーグ2019女子大会』の予選ラウンド第4週・東京大会(6/11〜14)の前日記者会見が、会場の武蔵野の森スポーツプラザ(東京)で行われた。

(写真左から)ギマラエス監督、中田監督、コバチェビッチ監督、スイーワチャラメータン監督

 会見では東京大会を戦う、ブラジル、日本、セルビア、タイそれぞれの監督が登壇し、大会に向けた意気込みを語った。

 

■ブラジル/ジョゼ・ギマラエス監督

「ネーションズリーグでは若い選手に経験を与えたいという狙いがあります。その中で、全員にチャレンジ精神を持ってほしい。8月のオリンピック予選に向けて、どのような選手がチームにふさわしいか、見極める段階にあります。いろんな選手を使うことで、来年に向けて準備をしていく。もちろんネーションズリーグではブラジルらしい戦いを、そしてベストを尽くしたいです」

 

■日本/中田久美監督

「ネーションズリーグに向けて、まず目的の一つである『若い選手を起用する』という点については現在、大きなケガもなく、ここ(東京大会)まで来ることができています。明日からは強いチームとの厳しい戦いが続くと思いますが、チームワークと、最後まであきらめない気持ちを持って、戦い抜きたい。平日の開催ではありますが、たくさんの方々に見にきていただけるように、いい試合、いい戦いを見せたいと思います」

 

■セルビア/ブランコ・コバチェビッチ監督(登録はアシスタントコーチ ※ゾラン・テルジッチ監督は別チームに帯同)

「ベルギー(第3週のコルトレイク大会)ではいい試合がたくさんできましたので、東京でもいい戦いをしたいです。今年はオリンピック予選に、ヨーロッパ選手権があるため、それらの方が優先度は高い。ですから、ネーションズリーグでは若い選手たちに経験を積ませたいと考えています。決してフルメンバーではありませんが、新しく入れた若い選手たちによるいい試合ができればと思います」

 

■タイ/ダナイ・スイーワチャレメータワン監督

「ネーションズリーグでは若い選手とベテラン選手を融合させ、世界の強いチームが集まる中で、ヨーロッパの高さとパワーといった経験を積ませたいと考えています。8月のオリンピック予選に向けてコンディションを整えていく段階。その中で、今大会を通じてチーム力は上がってきていると感じますし、若い選手を起用できています」

公開練習の様子

 会見後には報道陣に向けて、公開練習と取材時間が設けられた。

 

■岩坂名奈キャプテン

「明日のブラジルに対しては、相手のリズムにならないように、こちらから攻めて、また日本らしい粘りのバレーを見せたい。相手がどのようなメンバーできても、やってきたことを出していきたいと思います。

 今回はファンの方々に試合を見ていただける機会。日本のバレーボールは粘りとラリーに見応えがあると言っていただいているので、平日ではありますが会場に来られた方、またテレビをご覧になられている方に、何かを感じとってもらえるような、勇気や感動を与えられるような戦いを見せたいと思います」


  • 東海大札幌高
  • インターハイ2019
  • 全国専門学校選手権2019
  • 日本航空高
  • ミズノWAVE LIGHTNING-Z5
  • 関東高等学校バレーボール選手権2019

pagetopbtn