gv-logo

NBP ONLINESHOP

【男子世界バレー】開催国イタリアがロシアに敗れる

  • 海外ニュース
  • 2018.09.23

 イタリア・ブルガリアを舞台に熱戦が展開中の『男子世界バレー2018』は現地9月22日、第2次ラウンド2日目が行われた。注目のカードとなったE組のイタリアとロシアの一戦は、ネーションズリーグ王者に軍配が上がった。

相手の強烈なサーブに徐々に押されたイタリア(手前)。第2次ラウンド最終戦に必勝を期す

 

 9月22日の結果は以下のとおり。

 

■E組(イタリア、オランダ、ロシア、フィンランド)

“人間山脈”ドミトリー・ムセルスキーは抜群の存在感を放った

ロシア 3(19-25,25-18,25-21,19-25,15-11)2 イタリア

オランダ 3(25-19,23-25,25-16,25-13)1 フィンランド

 

 開催国イタリアと、ネーションズリーグ初代王者ロシアとの一戦は、攻勢がめまぐるしく入れ替わる激闘に。第1セットで点差をつけて先取したイタリアは、第2セットでロシアの強烈なサーブに苦戦する。ロシアはマキシム・ミハイロフとドミトリー・ムセルスキーを、イタリアはイバン・ザイツェフとオスマニー・ユアントレーナ、それぞれのポイントゲッターが点を重ねたが、最後はロシアが勝利。イタリアは今大会で初めての黒星を喫した。

 オランダはフィンランドに勝ちきり、前日でロシアに完敗したショックを払いのけた。ニミール・アブデルアジズ主将は「この勝利は、オランダが世界のトップに返り咲くためのサインになるでしょう」と語った。


  • ミズノREDFORJAPAN
  • ミズノママさん限定プレゼントキャンペーン
  • 東海大札幌高
  • インターハイ2019
  • 全国専門学校選手権2019
  • 日本航空高
  • ミズノWAVE LIGHTNING-Z5
  • 関東高等学校バレーボール選手権2019

pagetopbtn