gv-logo

NBP ONLINESHOP

【春高バレー予選】愛知県/男女代表校が決定!!

  • 学生バレー
  • 2019.11.24

 11月23日(土・祝)、ドルフィンズアリーナ<旧:愛知県体育館>(愛知県)で第72回全日本高校選手権大会(春高バレー)愛知県代表決定戦の最終日が行われた。男子は愛知工大名電高、女子は岡崎学園高が出場権を獲得した。

 

男子は愛知工大名電が3大会連続の出場

 男子は今夏のインターハイでベスト8入りを果たした愛知工大名電高と、8年ぶりに決勝戦まで勝ち上がった大同大大同高のカードとなった。11月16日(土)の準決勝で星城高を撃破し勢いに乗る大同大大同高が、エースの坂柳凪やバーナード永池のクイックで得点を重ね第1、2セットを連取し王手をかける。

 対する愛知工大名電高は、伝統のブロックでチャンスを作ると、長谷川直哉のスパイクで流れをつかみ第3、4セットを奪い返しフルセットに。最終セットは長谷川と坂柳の両エースの打ち合いで競った展開になるも、15-14から坂柳をブロックでしとめた愛知工大名電高が見事出場権を手にした。

長谷川(写真右)や主将の工藤峻平(写真中央)の活躍が光った愛知工大名電高
力強いスパイクを放った坂柳

女子は岡崎学園高が3年ぶりの出場

 昨年と同じく岡崎学園高と誠信高の顔合わせとなった女子決勝戦。第1、2セットは誠信の強烈なサーブにサーブレシーブが乱されなかなか得点ができず、2セット連続で落としてしまう。続く第3セットから途中出場のキャプテン上村優奈が攻守で獅子奮迅の活躍を見せこのセットを奪い返すと、徐々に本来の力を発揮した岡崎学園高が大逆転勝利を収め3年ぶりの春高バレー出場を決めた。

チームを鼓舞する上村主将(写真中央)
下級生が多くコートに立つ誠信高。これからの飛躍に期待だ。

なお、最終結果は以下の通り

【男子】

<決勝>

愛知工大名電高 3(29-31,22-25,25-21,25-23,16-14)2 大同大大同高

優 勝:愛知工大名電高(愛知県代表)

準優勝:大同大大同高

【女子】

<決勝>

岡崎学園高 3(17–25,12-25,25–22,25–15,15-8)2 誠信高

優 勝:岡崎学園高(愛知県代表)

準優勝:誠信高


  • ミズノREDFORJAPAN
  • ミズノママさん限定プレゼントキャンペーン
  • 東海大札幌高
  • インターハイ2019
  • 全国専門学校選手権2019
  • 日本航空高
  • ミズノWAVE LIGHTNING-Z5
  • 関東高等学校バレーボール選手権2019

pagetopbtn