gv-logo

アシックスV-Swift

RUS20/21[第3節]クリュカ不在もサンクトペテルブルク本領発揮

  • 海外ニュース
  • 2020.10.10

 世界三大リーグと称される、イタリア、ロシア、ポーランドから、ロシア・スーパーリーグの模様をゲームラウンドごとにお届けする『WEEKLY SUPER LEAGUE from RUSSIA with LOVE』。第3節は男子ロシア代表の若き才能たちをそろえるゼニト・サンクトペテルブルクの戦いから(Photo:volley.ru/Deta:VolleyService.ru

※ポジション表記/OH …アウトサイドヒッター、OP…オポジット、MB…ミドルブロッカー、S…セッター、L…リベロ

■サーブで圧倒したサンクトペテルブルクが2連勝

[MATCH OF THE ROUND](現地10/7)

ゼニト・サンクトペテルブルク 3(26-24,25-16,20-25,25-17)1 ディナモ-ロ・レニングラード・オーブラスチ

 昨季から現・男子ロシア代表のトーマス・サムエルボ監督が指揮を執るゼニト・サンクトペテルブルク。気鋭のMBイバン・ヤコブレフ(ロシア)のほか、今季はOHイゴール・クリュカ(ロシア)、OPビクトル・ポレタエフ(ロシア)が加わり、代表チームさながらの顔ぶれが並ぶ。開幕戦ではケメロヴォに敗れたものの、前節ではしっかりと勝利した。

 

 第3節は、ディナモ-ロ・レニングラード・オーブラスチとの“レニングラード・ダービー”。この日はコンディション面からクリュカが欠場したものの、各々が力を発揮した。ポレタエフが3本のブロックポイントを含むチーム最多22得点をマーク、OHハロ・カメジョ(キューバ)が20得点と続く。カメジョが3本、そしてSアントワーヌ・ブリザール(フランス)が最多5本のサービスエースをマークして勝利した。

激しい空中戦が繰り広げられた

 勝利したサムエルボ監督は「ダービーマッチは素晴らしいもの。相手は前節で快勝していただけに、その攻撃をはね返すことが大切だった。うまく試合をコントロールできました。私たちはまだ完成しているわけではないけれど、勝利をうれしく思う」とコメント。ブロックで中心を担うヤコブレフは「難しい場面もあったが、勝利を届けられることができてよかった」と振り返り、今季加入のブリザードとのコンビについても「まだお互いを理解しきっているわけではないけれど、試合を重ねて深めていきたい」と意気込んだ。

代表でも将来が有望視されているヤコブレフ

************

エニセイ・クラスノヤルスク 3(25-20,25-22,25-19)0 ベロゴリエ・ベルゴロド

 OHトドル・スクリモフ(ブルガリア)が16得点、OPイバン・ポルヤンスキ(ロシア)が4本のサービスエースを含む11得点と続いたクラスノヤルスクがストレート勝ち。ベルゴロドはOHパベル・テチューヒン(ロシア)が12得点と奮闘も開幕3連敗。

ベルゴロドの若きエース、テチューヒン(写真コート奥中央)のアタック

ロコモティブ・ノヴォシビルスク 3(25-15,25-21,25-17)0 オイルマン・オレンブルク

 ノヴォシビルスクは頼もしい大砲として君臨するOPドラジェン・ルブリッチ(セルビア)がこの日は7本のサービスエースをマーク。大黒柱の両チーム通じて最多18得点の活躍で、ノヴォシビルスクは前節のカザン戦のショックを払拭した。

ファッケル・ノヴィ・ウレンゴイ 3(25-23,25-17,25-15)0 ガスプロム-ウグラ・スルグト

 開幕2連敗中のウレンゴイはこの日、エースのOHドミトリー・ボルコフ(ロシア)を欠いたが、OPマキシム・ジガロフ(ロシア)がチーム最多19得点と奮闘。今季初勝利をあげた。

ウレンゴイのリベロ、イリヤ・ペトルチェフ(ロシア/写真中央)のレシーブ

ゼニト・カザン 3(25-19,25-19,23-25,25-21)1 ウグラ-サモトロル・ニジネヴァルトフスク

 前節でスーパーカップ王者となったカザンはこの日、ブロックが冴え渡った。実に5選手が3本を記録するなど、ブロックポイントは合計18本。開幕から負けなしの3連勝!

カザンのエース、OHイアルバン・ヌガペト(フランス)はこの日16得点

クズバス・ケメロヴォ 3(25-18,25-22,25-21)0 ウラル・ウファ

 ケメロヴォはOPイバン・ザイツェフ(ロシア)が静かでも、MBミハイル・スチェルバコフ(ロシア)が14得点、OHロマン・パクシン(ロシア)が13得点をあげて、首位をキープ。次節は強豪ノヴォシビルスクとの対戦だ。

決定力の高いアタッカーがそろうケメロヴォ(写真コート奥)

ディナモ・モスクワvs.ASKニジニ・ノヴゴロドは未消化

ロシアスーパーリーグ男子 レギュラーシーズン順位(round3終了時)》

1 クズバス・ケメロヴォ 3勝0敗(勝ち点9)▲

2 ゼニト・カザン 3勝0敗(勝ち点9)▲

3 ロコモティブ・ノヴォシビルスク 勝1敗(勝ち点7)▲

4 ディナモ・モスクワ 2勝0敗(勝ち点6)▼

5 エニセイ・クラスノヤルスク 2勝1敗(勝ち点6)▲

6 ゼニト・サンクトペテルブルク 2勝1敗(勝ち点6)-

7 ディナモ-ロ・レニングラード・オーブラスチ 1勝2敗(勝ち点4)▼

8 ファッケル・ノヴィ・ウレンゴイ 1勝2敗(勝ち点4)▲

9 ウグラ-サモトロル・ニジネヴァルトフスク 1勝2敗(勝ち点3)▼

10 ウラル・ウファ 1勝2(勝ち点3)▼

11 ASKニジニ・ノヴゴロド 1勝1(勝ち点2)▼

12 オイルマン・オレンブルク 1勝2敗(勝ち点2)▼

13 ベロゴリエ・ベルゴロド 0勝3敗(勝ち点1)▼

14 ガスプロム-ウグラ・スルグト 0勝3敗(勝ち点0)-

※勝敗(勝ち点)。記号は前節からの順位推移

 

(責任編集:GUCII<坂口功将>)


  • デサントプレゼントキャンペーンFW
  • ザムストお悩み解決プレゼントキャンペーン
  • かみす防災アリーナLP
  • ミズノ×月バレ WAVELIGHTNING-Z6
  • zamst×大村工高
  • zamst×金蘭会高
  • macdavid
  • ミズノREDFORJAPAN
  • ミズノママさん限定プレゼントキャンペーン
  • 東海大札幌高
  • インターハイ2019
  • 全国専門学校選手権2019
  • 日本航空高
  • ミズノWAVE LIGHTNING-Z5
  • 関東高等学校バレーボール選手権2019

pagetopbtn