gv-logo

V1女子、最終順位と個人賞が決定

  • V1
  • 2021.02.22
TwitterFacebookLine

 2020-21V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN(V1女子)の V・ファイナルステージは2月21日(日)全試合が終了し、最終順位と個人賞が決定した。

 

優勝:JT マーヴェラス

準優勝:東レアローズ

3位:NEC レッドロケッツ

4位:デンソーエアリービーズ

5位:埼玉上尾メディックス

6位:岡山シーガルズ

7位:日立リヴァーレ

8位:久光スプリングス

9位:PFUブルーキャッツ

10位:ヴィクトリーナ姫路

11 位:トヨタ車体クインシーズ

12 位:KUROBEアクアフェアリーズ

 

<個人賞>

■優勝監督賞 吉原知子(JT)2年連続2回目

 

■最高殊勲選手賞 小幡真子(JT)初受賞

 

■敢闘賞 黒後 愛(東レ)初受賞

 

■レシーブ賞 林 琴奈(JT)初受賞

 

■ベスト6

アンドレア・ドルーズ(JT)2年連続2回目

ヤナ・クラン(東レ)2年ぶり2回目

古賀紗理那(NEC)4年ぶり2回目

島村春世(NEC)6年ぶり2回目

フォルケ・アキラデウォ(久光)2年ぶり3回目

関菜々巳(東レ)2年ぶり2回目

 

■ベストリベロ 小幡真子(JT)4年連続4回目

 

■最優秀新人賞 横田真未(デンソー)

 

■フェアプレー賞 田中瑞稀(JT)初受賞

 

■松平康隆賞 吉原知子(JT)2年連続2回目

 

■優秀GM賞 西尾博樹(プレステージ)初受賞

 マニュアル委員会のメンバーとしてコロナ禍の規定の作成に尽力。6年前に東北バレーボール界の発展のために、アランマーレを酒田市に設立。活性化、発展に寄与した。

 

<Vリーグ特別表彰>

■Vリーグ栄誉賞

岩坂名奈(久光)10 シーズン以上、230 試合以上出場

石井優希(久光)10 シーズン以上、230 試合以上出場

島村春世(NEC)10 シーズン以上、230 試合以上出場

 

■功労者表彰

新鍋理沙 

11シーズン、久光の中心選手として活躍。サーブレシーブ成功率で、日本記録70%を樹立した。昨年、惜しまれつつ引退。

 

【写真】小幡真子、黒後愛ら受賞選手たち

TwitterFacebookLine
  • インターハイ2021

pagetopbtn