gv-logo

V2男子の最終順位と個人賞決定

  • V2・V3
  • 2021.03.17
TwitterFacebookLine

 V2男子の最終順位と個人賞が決定した。V2男子は緊急時対策規程第8条「大会の成立条件」にある「全チームがV・レギュラーラウンドで予定された公式試合数の50%以上の試合を終了すること」が満たされておらず、リーグが不成立となる状況にあった。そのためVリーグ機構は大会成立を目指し、開催期間を延長して再試合の設定を模索していたが、中止試合の取り扱いが決定したことにより、大会が成立。再試合は行われず、成績が確定した。

 

■2020-21 V.LEAGUE DIVISION2 MEN V・レギュラーラウンド 最終結果

 

順位 チーム名 試合数 通算ポイント 勝率
1位

富士通カワサキ
レッドスピリッツ

20
60 20 0 1
2位 ヴォレアス北海道 18 45 15 3 0.83
3位
埼玉アザレア
19 45 15 4 0.79
4位 大同特殊鋼レッドスター 18 35 12 6 0.67
5位

つくばユナイテッド
SunGAIA

18 28 9 9 0.5
6位 長野 GaRons 20 29 10 10 0.5
7位 ヴィアティン三重 19 28 9 10 0.47
8位 東京ヴェルディ 18 16 6 12 0.33
9位 サフィルヴァ北海道 18 12 4 14 0.22
10位 兵庫デルフィーノ 20 7 2 18 0.1
11位

きんでん
トリニティーブリッツ

18 4 1 17 0.06

 

■2020-21 V.LEAGUE DIVISION2 MEN 個人賞受賞選手

<個人賞>

■最高殊勲選手賞

柳田百織

富士通カワサキレッドスピリッツ

2年連続2回目

 

■敢闘賞

張 育陞(チャン・ユーシェン)

ヴォレアス北海道

初受賞

 

■最優秀新人賞

兵頭佳樹

富士通カワサキレッドスピリッツ

 

■得点王(最多得点)

上場雄也

つくばユナイテッド SunGAIA

329得点 初受賞

 

■スパイク賞 (アタック決定率)

エバデダン ジェフリー 宇意

富士通カワサキレッドスピリッツ

64.3% 初受賞

 

■ブロック賞 (セット当たりブロック決定本数)

阿部航平

つくばユナイテッド SunGAIA

0.85 本 初受賞

 

■サーブ賞 (サーブ効果率)

張 育陞(チャン・ユーシェン)

ヴォレアス北海道

16.7% 初受賞

 

■サーブレシーブ賞 (サーブレシーブ成功率)

備 一真

大同特殊鋼レッドスター

81.0% 初受賞

 

■フェアプレー賞

松坂洸汰

富士通カワサキレッドスピリッツ

初受賞

 

■優勝監督賞

山本道彦

富士通カワサキレッドスピリッツ

3年連続3回目

 

 

 

↓次ページ↓受賞者たちのフォトギャラリー

TwitterFacebookLine
  • インターハイ2021

pagetopbtn