gv-logo

RUS20/21[PO]セルビアデュオ躍動! ノヴォシビルスクが予選Rで先勝

  • 海外ニュース
  • 2021.03.23
TwitterFacebookLine

世界三大リーグと称される、イタリア、ロシア、ポーランドから、ロシア・スーパーリーグの模様をゲームラウンドごとにお届けする『WEEKLY SUPER LEAGUE from RUSSIA with LOVE』。レギュラーシーズン3〜10位チームによるファイナル6(プレーオフ)行きを懸けた予選ラウンドがスタートしました。先勝したのは…?!(Photo:volley.ru/Deta:VolleyService.ru

※ポジション表記/OH …アウトサイドヒッター、OP…オポジット、MB…ミドルブロッカー、S…セッター、L…リベロ、C…コーチ

 

 

■ルブリッチ&イボビッチのセルビアデュオが活躍し、ノヴォシビルスクが先勝

[MATCH OF THE ROUND]

《プレーオフ/予選ラウンド》

※カッコ内はレギュラーシーズン最終順位

◆ロコモティブ・ノヴォシビルスク[6位]○1勝 / ウラル・ウファ[7位]●1敗

第1戦〔3/20〕:3-0(25-20,25-13,25-19)

第2戦〔3/28〕:-

 コロナ禍のため昨季はプレーオフに突入してまもなく、打ち切りに。レギュラーシーズンで首位通過を果たしていたノヴォシビルスクにとっては悔しい結末となっていた。今季は途中で4連敗もあったが、レギュラーシーズンは5連勝でフィニッシュ。再び頂点に向けて、“機関車(=ロコモティブ)”は走り出した。

 

 予選ラウンド初戦は第1セットからサーブで攻め立てて優位にゲームを進める。ウファのブロックに仕留められる場面もあったが、OHマルコ・イボビッチ(セルビア)とOPドラジェン・ルブリッチ(セルビア)が中心となって攻撃を展開し、ノヴォシビルスクが先勝。ルブリッチがチーム最多19得点、イボビッチが3本のサービスエースをマークした。

 

<攻守で要となっているOHイボビッチ(写真左)>

 

************

 

◆ゼニト・カザン[3位]○1勝 / エニセイ・クラスノヤルスク[10位]●1敗

第1戦〔3/21〕:3-0(25-14,25-13,25-19)

第2戦〔3/28〕:-

 レギュラーシーズン終盤でケメロヴォに2位の座を明け渡したカザンは、予選ラウンドからのスタート。初戦ではOHイアルバン・ヌガペト(フランス)を温存したが、OPマキシム・ミハイロフ(ロシア)が3本のサービスエースを含む17得点、OHヒョードル・ボロンコフ(ロシア)が16得点と続き、完勝を収めた。

 

◆ゼニト・サンクトペテルブルク[4位]○1勝 / ウグラ-サモトロル・ニジネヴァルトフスク[9位]●1敗

第1戦〔3/20〕:3-0(25-14,25-17,25-17)

第2戦〔3/28〕:-

 ホームのサンクトペテルブルクはOPイバン・ポドレビンキン(ロシア)が驚異の7本のサービスエースを決めると、守ってはMBイバン・ヤコブレフ(ロシア)が5本のブロックポイントをあげて完勝。対するニジネヴァルトフスクは今季レギュラーシーズン最多得点のOPビタリー・パパゾフ(ロシア)が9得点とあっては苦しかった。

 

◆ファッケル・ノヴィ・ウレンゴイ[5位]○1勝 / ASKニジニ・ノヴゴロド[8位]●1敗

第1戦〔3/20〕:3-1(26-28,25-20,25-18,25-21)

第2戦〔3/28〕:-

 ウレンゴイはエースOHドミトリー・ボルコフ(ロシア)がチーム最多21得点、OHデニス・ボグダン(ロシア)が5本、OPマキシム・ジガロフ(ロシア)が4本をあげるなどチーム合計13本のサービスエースで攻め立て逆転勝利。敗れたノヴゴロドはOPディミトリ・ビエトスキ(ウクライナ)が24得点と気を吐いた。

<先勝したウレンゴイ>

 

ロシアスーパーリーグ男子 レギュラーシーズン最終成績

1 ディナモ・モスクワ 24勝2敗(勝ち点67)

2 クズバス・ケメロヴォ 22勝4敗(勝ち点61)

3 ゼニト・カザン 19勝7敗(勝ち点54)

4 ゼニト・サンクトペテルブルク 18勝8敗(勝ち点55)

5 ファッケル・ノヴィ・ウレンゴイ 18勝8敗(勝ち点54)

6 ロコモティブ・ノヴォシビルスク 17勝9敗(勝ち点53)

7 ウラル・ウファ 14勝12敗(勝ち点40)

8 ASKニジニ・ノヴゴロド 11勝15敗(勝ち点31)

9 ウグラサモトロル・ニジネヴァルトフスク 9勝17敗(勝ち点32)

10 エニセイ・クラスノヤルスク 8勝18敗(勝ち点25)

11 ガスプロムウグラ・スルグト 6勝20敗(勝ち点21)

12 オイルマン・オレンブルク 6勝20敗(勝ち点16)

13 ディナモロ・レニングラード・オーブラスチ 5勝21敗(勝ち点20)

14 ベロゴリエ・ベルゴロド 5勝21敗(勝ち点17)

※勝敗(勝ち点)

 

【今後のスーパーリーグ】

1位〜2位…プレーオフ(ファイナル6)に進出決定

3位〜10位…プレーオフ予選ラウンドへ(3/20-28 ※2試合制)

・カザン[3位]vs.クラスノヤルスク[10位]

・サンクトペテルブルク[4位]vs.ニジネヴァルトフスク[9位]

・ウレンゴイ[5位]vs.ノヴゴロド[8位]

・ノヴォシビルスク[6位]vs.ウファ[7位]

11位〜14位…下位プレーオフへ(4/2-11 ※一回戦総当たり)

 

(責任編集:GUCII<坂口功将>)

 

TwitterFacebookLine
  • インターハイ2021
  • デサントソックス開発秘話
  • AIR×西田有志タイアップ

pagetopbtn